<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
   
フラガール
    2006年 09月 28日
【Tジョイ久留米】
 昭和40年、エネルギーの需要は石炭から石油へシフトしつつあり、福島県の常磐炭鉱も閉山の危機に陥っていた。そこで炭鉱会社は町の活性化のため、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の設立を提案する。センターの目玉となるのはフラダンスのショー。早速、名門の松竹歌劇団にいたダンサー、平山まどかを東京から招き、地元の素人娘たちを相手にダンス特訓を始めるのだが..

 李相日監督といえば、『69 sixty nine』や『スクラップ・ヘブン』で「ケレン味たっぷりの映画を撮る人」という印象が強かったので、今回のような人情劇にはどうなのかな?と思ったが、オーソドックスながら、ツボを押さえたなかなかの感動作に仕上がっている。
 
 あえて難を言うなら、あまりに多くのエピソードを詰め込みすぎた点。例えば、ダンス教師が抱える借金問題のくだり等は不要な「脚色」だったのではないか。そのせいで、「果たして僅かな期間で、素人娘たちはプロのダンサーになれるのだろうか?」という本来のテーマが希薄になってしまった気がする。誰もが言うように、クライマックスのステージは素晴らしい見せ場なのだが、そこまでの繋ぎにもう一工夫欲しかった。

 しかし、このステージでの蒼井優は何とも艶かしく、途中までの泥臭い田舎娘の顔とは対照的で見事だ。彼女のデビュー作「リリィ・シュシュのすべて」の舞台挨拶で本人を見たことがあるが、その時の印象が悪かったこともあって、この売れっ娘の魅力が今まで解らなかったが、今回の映画で見直した。

 またダンス教師に扮する松雪泰子も素晴らしい。中でも、映画の冒頭で見せるダンスシーンは圧巻だった。ここを編集でごまかすのではなく、彼女が本物のダンスを踊って見せたことで、映画の説得力はずいぶん増したはずだ。もうそれほど若くない女性のくたびれた素顔を垣間見せているのもいい。これまで演技面で定評があるわけでもなかった彼女がこれだけの芝居を見せるとは、日本の女優陣もかなり層が厚くなったと言えるだろう。

フラガール@映画生活

b0004063_21401658.jpg

夜のピクニック
    2006年 09月 26日
【ユナイテッドシネマ キャナルシティ13】 ※試写会
 
 年に1度、全校生徒が24時間、夜をも徹して80キロの道のりを歩く伝統行事「歩行祭」。今回が最後の歩行祭となる甲田貴子は、重大な決心を固めていた。それは一度も口をきいたことがないクラスメイト、西脇融に話しかけるということ。実は2人の間には、親友にも話せない秘密があったのだ..

 心地よい空気感に包まれた映画で、私は好きだ。上映時間の大半が歩くだけのシーンで、その間、事件らしい事件が起きるわけではない。しかし当事者の高校生たちにとっては、そんな他愛ない出来事の一つ一つが結構大きなことだったりするんだろうなと思わせる。「去年、死体を見たよね」という話題で盛り上がるシーンでは、『スタンド・バイ・ミー』を思い出してしまった。

 ちょっと引っかかったのが、映画のキーであるヒロインが抱える秘密(すでに宣伝段階でネタばらしされている)がそれほど大層なものに思えないことで、そのためストーリーの骨格がやや弱いと感じたのだが、それは大人の視点から見ればの話であって、やはりあの年代の少年少女にとっては非常に切実な問題ということになるのかな..という気もする。

 ただ、映画の端々で唐突に挿入されるギャグシーンはいただけない。歩くシーンが延々と続く映画にアクセントをつけたい意図は解るが、いかんせんセンスが悪い。特に『プラトーン』のパロディと思しき場面。何の必然性があって、あれを入れたのか、まったく理解に苦しむところだ。

 ヒロインを演じているのが多部未華子。舞台挨拶で本人を見たが、格別に美少女というわけでもない。しかしスクリーンの中での彼女はずっと魅力的に映っているから不思議だ。ルックスだけが売りではない、「雰囲気のある女優」として、これから多くの観客の記憶に留まっていくことだろう。少なくとも私にとっては、『ルート225』と今回の作品ですっかりご贔屓の若手女優になってしまった。

夜のピクニック@映画生活

b0004063_214469.jpg

13歳の夏に僕は生まれた "Once You’ re Born"
    2006年 09月 18日
【KBCシネマ】
 北イタリアの地方都市ブレシャ。工場経営者である両親のもと何不自由なく暮らす13歳のサンドロは、父親やその友人と地中海クルージングに繰り出すが、誤って夜の海に転落してしまう。すんでのところで彼を救出してくれたのは、不法移民がひしめく密航船に乗っていたルーマニア人のラドゥとアリーナの兄妹だった。やがて両親のもとに戻ったサンドロは、移民センターに保護された兄妹の救済を訴えるのだが..

 実は4月に東京で開催されたイタリア映画祭の会場で、この作品の監督であるマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ氏と偶然ちょっとした接触があって、その際の彼の態度に好印象を持っていた。映画祭ではスケジュールの都合で予告編しか観られなかったので、この映画が福岡で公開されるのを待望していたのだけど、ずいぶん待たされたなあ。

 なんとも厳しい映画だ。
 何不自由なく裕福に育った少年が、不測の出来事をきっかけに、それまで知らなかった世界と出会い、生きることの厳しさを知る物語である。
 この手の映画でありがちなのが、不幸な人々を救いたいと願う純真な少年と、それに対して無理解な大人たち..という構図だ。その点、この映画は違っている。少年の両親は本気で不幸なルーマニア人兄妹を救済しようと動くのだ。しかし豊かな財力を持った彼らの力をもってしても、結果として兄妹を救うことはできない。それが現実。
 そして映画の終盤、ミラノ郊外のスラム地区で、サンドロがアリーナと再会する場面は衝撃的だ。少年が目の当りにしたのは、この年齢では受け入れがたい、あまりにも残酷な現実だった。

 ラストシーン、サンドロが3ユーロで買ったパニーノを少女に差し出す光景が忘れらない。父親の財力でも救えなかった彼女に、いま彼が与えられるのはこれだけなのだ

 この映画で描かれた不法移民たちのように、社会の底辺で虐げられている人々はあらゆる世界に存在する。善意の人たちが彼らを救おうと努力しても、それが非常に困難であることも、映画で描かれているとおりだろう。しかし、だからといって私たちはそれを放置していいのか?無関心でいいのか?いや、たとえ1人1人は微力であっても、私たちにもできることが何かあるはずだ。ジョン・レノンの「イマジン」ではないが、そうした多くの個人の力が一つに結実したとき、世界は変わるのではないか。このラストシーンには、監督のそんな想いが託されている気がしてならない。

13歳の夏に僕は生まれた@映画生活

b0004063_230664.jpg

 
アジアフォーカスで観た映画-2
    2006年 09月 18日
台風一過もまだ天気はぐずつき気味。
街角の吉野家では「牛丼復活祭」で店前に行列が出来ていた。
今日観た映画は『親友』"Dear Dakanda"(2005年タイ)
会場は昨日と同じ西鉄ホールだが、この映画祭の顔である佐藤忠雄さんの姿が見えないのが気になる。別会場のソラリアシネマの方にいるのだろうか?その代わりではないが、昨日に続いて批評家の北川れい子氏が客席にいるのを発見。私はヨコハマ映画祭で壇上の北川氏を見ているので、見間違いではないと思う。スタッフとも談笑していたし。まさか、この方が佐藤氏の後を継いで映画祭のディレクターに就任するとか..?

で映画の内容は以下のとおり(映画祭公式サイトより)
「チェンマイ大学で美術を専攻するカイヨイは、内気な自分とは正反対で明るく魅力的な女性ダカンダと、親友として楽しい時を過ごしてきたが、秘めた恋心を彼女に対して打ち明けることはなかなかできなかった。ある日、カイヨイはタイ南部のパンガン島に渡るが、途中の船で怪我をして、それをきっかけに、島の若い看護婦ヌイと出会う。ヌイの優しさは怪我だけでなく、カイヨイの心までも癒してくれるのだった…。
 異なる場所と時間のなかで、二組の恋のドラマが交錯していくロマンチックなラブストーリーで、タイでは若者を中心に大ヒット。」

b0004063_2391542.jpg

たまたまスケジュール的に都合が合ったので観た映画で、上記のストーリー紹介を読んだときは趣味でないというか、あまり食指が動かなかった。しかし実際に観てみると、これが予想を超えて面白い。上映時間は2時間を超えていて、この映画祭の上映作品の中ではかなり長い部類に入るが、まったく退屈はしなかった。

この映画の基本的なアイデアは決して目新しいものではないし、使い古されたようなエピソードやベタなシーンも目立つ。それでも総体的に見れば、この映画はフレッシュだし、洗練された印象さえ受ける。これは既成のアイデアを単に拝借するのではなく、上手に消化したうえで、この作品に合わせてフィットさせているからだろう。

フレッシュさという点では、主要キャストに負う部分も大きい。彼らはほとんど新人で固められており、主演女優の2人などは素人同然だったらしい。そんな新人俳優を大胆に起用して、主役のみならず脇役にいたるまで、皆キャラを立たせているのだから、監督の演出力にも非凡なものを感じさせる。コミカルなシーンでやたら大仰な芝居が目につくのが気になったが、これもタイ風テイストというか、一つの味といっていいだろう。

主人公の女性遍歴を交えながら自分探しの旅が綴られていく..という共通点で、僕は『スパニッシュ・アパートメント』を強く連想した。主人公がガールフレンドに手紙を書き綴っていくという形式でストーリーが進行するのも同じだし。(『スパニッシュ・アパートメント』もそうだったよね?違ったかな)

2人のガールフレンドがそれぞれ対照的なキャラクターで、1人は現代的、もう一人は古風な美少女..というのはこの手の映画の定石どおりだが、舞台挨拶にも登場した2人を見るかぎり、素のキャラも映画と同じみたいだ。現代的な方の彼女(※下の写真でも、どちらを指しているかは一目瞭然でしょ?)は手足が長くて、目や口など顔のパーツも大きい。今回のようなコメディで映える女優だと思う。アジアの女優としては貴重な存在ではないかな。

b0004063_23464692.jpg

アジアフォーカスで観た映画-1
    2006年 09月 17日
アジアマンスでは映画祭の他に、市役所前広場で開催されるステージショーやアジア太平洋屋台も毎年楽しみにしているのだが、今回は残念なことに台風13号のため本日、明日とも中止になってしまった。せっかくの連休なのに..なんちゅうタイミングの悪さ。
映画祭の方は予定どおり開催されたので、『パオの物語』(2006年ベトナム)を観た。実は映画の上映中に西鉄電車が運行休止になってしまい、エラい目に遭ってしまった。屋台の件といい、まったく台風が恨めしい。

映画の内容は以下のとおり。(映画祭公式サイトより引用)
「パオは、ベトナム北部の少数民族モン族の少女。じつは彼女には実の母と育ての母、二人の母親がいた。本当の母親は、まだ幼い頃にパオの傍から離れてしまっていて、パオは継母から実の子ども同然に育てられてきたのだった。ある日母親が川に落ちて亡くなってしまったことで父親は酒浸りになってしまい、パオは産みの親を捜す旅に出る…。
 山岳地帯の絶景や鮮やかな民族衣装、美しい音楽が物語をドラマチックに彩る。ベトナムを代表する2006年ゴールデンカイト賞の最優秀作品賞、最優秀撮影賞、最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞を獲得」

b0004063_22302174.jpg
何とも数奇な運命を辿った母娘の物語だった。
終盤では(この作品には似つかわしくない)ミステリー映画もどき?の展開まで用意されており、「ちょっと現実離れした話だよな」と思いながら観ていた。ちなみに映画の冒頭では「この作品はある短編小説の映画化である」とのテロップが流される。
ところがラストシーンが終わり、エンドクレジットが流れて、その最後に映し出されたものは..何と、この映画のモデルになった実在する母娘の姿なのであった。(ちなみに本名も役名と同じ)
これって実話だったのか!!これには正直驚いた。ちょっとご都合主義な展開も散見されたので、部分的には脚色されたところもあるんだろうが。

編集が雑だったり、ヒロインの心情をクドクドとナレーションで説明するところなど未熟な部分も目に付くが、登場人物たちの悲哀や情感はうまく出せていたように思う。
ヒロイン役の女優(ドー・ハーイ・イエン)の演技は全体的に硬いが、役に応じた少女らしさの表現はなかなか巧い。舞台挨拶での本人を見るかぎり、実年齢は役よりかなり上だろう。
彼女、上映後のティーチインで「この映画を海外の観客に観てもらえたのが嬉しい」と涙ぐんで語っていたのも印象的だった。

b0004063_22393132.jpg

久々のホークス戦観戦
    2006年 09月 10日
久々に福岡ドーム(正式名称は間にYahoo! Japanが入る)で野球観戦。
例によって例のごとく点が入らない。(相手のロッテはさらに酷いのだが)
外野フライでも1点入る場面で、三振だの、ファウルフライだの..拙攻のオンパレードでストレス溜まりっぱなし。
すべてを救ってくれたのが、今や大エースの斉藤和巳。
何と今季5度目の完封、13奪三振!この奪三振数は彼のキャリアハイだとか。
ヒーローインタビューでは「もしかしてファンの中にはもうシーズン1位を諦めた人もいるかもしれないけど、今日で(そんな気持ちは)切り替えて、絶対に1位は諦めません」と答えていたが、正直言おう。その「1位は諦めていた人」のうちの1人は私です(笑) 申し訳ありませんでした!
終わってみれば最高のゲーム。
当初予定に入れてなかったのに、急遽誘ってくれた知人に感謝したい。

PS.ゲーム中に「野球場に連れてって」という、もろに"Take Me Out To The Ball Game"をパクったとしか思えない歌が場内に流されたのだけど、あれは恥ずかしいなあ。あの曲は福岡ドームのオリジナル?それとも全国の球場で流されてるんだろうか?

b0004063_061544.jpg

by coolkoro | 2006-09-10 23:36 | Others
紙屋悦子の青春
    2006年 09月 09日
【KBCシネマ】
原田知世、永瀬正敏の舞台挨拶がある初回の上映を観た。
劇場に着いた時はすでに開場後だったので、完売になっていないか心配だったのだが、意外にもまだ空席が結構あって助かった。上映直前にはさすがに満員になり、補助イスも出されていた。
これも意外なことに、先行上映されている東京などでは客の年齢層が相当高いと聞いていたのだが、ここではむしろ30代以下と思しき若い観客の姿の方が目立っていた。もっとも、これは舞台挨拶の効果であって、今後の上映では状況が変わるのかもしれないが。

映画はすばらしい出来だった。
この映画で描かれる戦争の影とは「乏しくなっていく食料」とか「帰りが遅い家族に対する不安感」といったもので、戦闘や空襲の流血シーンなどはまったく無いし、声高に「戦争反対」を叫ぶ映画でもないけれど、凡百の反戦映画などよりずっと、戦争の悲惨さを皮膚感覚に訴えかけてくる作品に仕上がっている。
役者も皆頑張っているが、どちらかといえば、主演の原田、永瀬よりも、脇を固める本上まなみ、小林薫、松岡俊介の芝居の方がより印象に残った。

b0004063_22591255.jpgとりわけ、本上まなみは凄く光っていた。彼女はこの映画のコメディリリーフ的な存在で、題材が題材だけに重く沈みがちな作品の雰囲気を彼女はずいぶんと救っていたように思う。実際、この映画のコミカルなシーン(場内が笑いで包まれる場面も結構ある)の多くは彼女が絡んでいる。また彼女は自分の思いを毅然と表明できる女性でもあり、原田が演じるヒロインとは対照的な役柄である。観客の気持ちを代弁してくれるキャラクターだと言ってもよい。特攻隊として沖縄に赴く松岡に対して、形式的な挨拶だけで別れようとする原田に「(本当の気持を伝えるために)行ってこんね!もう会うこともないんですよ」と諭す場面など、すべての観客は彼女への共感を禁じえないだろう。

ただ難点をあげるなら、老夫婦となった原田と永瀬が登場する現代のシーン。2人の禅問答のような会話が延々と続くのだが、これには正直退屈した。少なくとも、ここは少し短縮すべきではなかったか。「戦争で死んでいった人々の犠牲のうえに、現代の平和が築かれているのだ」という想いが、このシーンには込められていることは解るのだが。

上映後、舞台挨拶に登場した原田はロングヘアに黒のドレス、永瀬の方は何とポニーテール!といういでたちで、映画で演じた2人の姿とはあまりにギャップが大きかった..

紙屋悦子の青春@映画生活
b0004063_22593490.jpg

マッチポイント "Match Point"
    2006年 09月 03日
【KBCシネマ】
ウディ・アレンらしい小洒落た意匠に包まれているが、中身は昼メロにでもありがちな下世話なお話で、アレンのこれまでの作品からすれば、ちょっと意表を突かれた感じだ。
サスペンスとしてもまずまずの出来なのだが、この点、予告編でかなりネタばらししているのがマズいと思う。決して勘が良くない私でさえ、予告編を見た段階で、結末も含めておおよその展開は見当がついてしまったくらいだ。

しかし高等教育も受けていないテニスプレイヤーが、大企業に就職した途端、有能なビジネスマンとして頭角を現すというというのは、設定に無理がありはしないだろうか? 義父が社長という強力なコネがあるにせよ、「彼は実に優秀だ」という台詞は何度も登場するからね..これにはちょっと釈然としなかった。
スカーレット・ヨハンソンは今回も魅せてくれた。クールビューティーだと思っていた彼女が、深い仲になったとたん、嫉妬深く、感情的に喚き散らすような女に豹変するあたりの演技は、相当に迫力があった。

マッチポイント@映画生活

b0004063_024814.jpg

やわらかい生活
    2006年 09月 03日
【KBCシネマ】
まったりと緩やかに流れる時間が心地よい。
何しろ、豊川悦司がカラオケでまるまる1曲歌うのを、ワンショットで撮っているような作品なのだ。
上映時間が2時間強あるので、「もっと短くまとめろ」という声もあると思うが、寺島しのぶ演じるヒロインが躁うつ病であったりと、内容的にはシビアなものを含んでいるので、この「まったり」さが無ければ、かなりキツい印象の作品になったと思う。
タイトルの『やわらかい生活』とは、「頑張らないで日々を生きていく」ということなのかな。躁うつ病の患者には、「頑張らなくていい」というアドバイスが何より重要なのだと聞いたことがある。ヒロインはこれを実践しようとしているのだけど、それは決して易しいことではないんだな、と映画を観て思った。

主演の寺島しのぶ、豊川悦司はどちらも良い。(2人の博多弁はもうちょっと頑張って欲しかったが) ただ今回、豊川が演じた「優しい男」は、いかにも女性が考えた「理想の男性像」といった感じで、男である自分から見るとリアルさ、生々しさが今ひとつ欠けていた気がする。そういえば『ヴァイブレータ』の時の大森南朋もそうだった。(確かどちらも原作は女性作家の作品だよね?)同じ意味で、女性の視点では寺島しのぶはどう映ったんだろうか?ぜひ今度、知人に聞いてみたい。

蒲田は「粋でない下町」なのか..いいね。これまでの私にとって、たまに上京した時に、都心と羽田空港との往復で通過する街でしかないのだけど。(あの踏み切り付近の光景は車窓から眺めた記憶がある) いつか機会があれば、途中下車して散策してみたいな。

やわらかい生活@映画生活

b0004063_2357622.jpg