<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
   
ホテル・ルワンダ "Hotel Rwanda"
    2006年 02月 26日
【シネテリエ天神】
b0004063_21232970.jpg『クラッシュ』に続けてハシゴしたもので、今日はドン・チードルの苦悩する表情がすっかり脳裏に焼きつけられてしまいました。(笑)

この映画の成功は、大虐殺事件の全貌を描こうとするのではなく、あくまでドン・チードル演じる主人公の周辺に焦点を当てている点にあると思います。彼は決して「聖人君子」のような人物ではありません。最初に隣人が軍に連行される場面では、「しょせん他人だ」と無視を決め込んだりもする。そんな等身大の主人公が、永年ホテルマンとして培った知恵と機転を駆使して、1200名もの人々を虐殺の手から必死に守ろうとする姿に私たちは感動するのだと思う。
彼自身は虐殺者側と同じフツ族なのだし、軍の有力者にもいろいろとコネを持っている。彼の本当の敵は、実は「自分だけ(または自分の家族だけ)は助かろう」という自分自身の内なる願望だったかも知れません。そうした葛藤に苦悩する姿には心揺さぶられました。

しかし主人公以上に凄いのが、ニック・ノルティ演じる国連PKOの大佐。彼は主人公たちが脱出した後も現地に留まっているんですよね?後ろ盾の国連は最初から腰が引けている中、武器も使用できずに部下たちは次々と命を落としてしまうし、あの状況では「もうやってられるか!」と職務放棄しても不思議ではないと思いますが。
彼は本音の人で、主人公に「(欧米人にとって)君たちはニガーですらない」とズケッと言ってのける辺りも人間臭くて良かったです。

ホテル・ルワンダ@映画生活
クラッシュ "Crash"
    2006年 02月 26日
【KBCシネマ】
b0004063_21212148.jpgLAを舞台にさまざまな異なった人種、階層の人々が登場する群像劇です。しかし、同時並行で語られる幾つものエピソードが終盤で交錯するという構成に新味ないし、全体として予定調和的に終わってしまった感じです。
最後に用意されたある「演出」にしても、同じ群像劇である『ショートカッツ』や『マグノリア』の二番煎じの感が拭えないし..

私の感じ方ですが、群像劇のスタイルに拘らず、もっと登場人物もエピソードも絞りこみ、より掘り下げて描きこむべきだったんじゃないでしょうか。その方がもっと胸に迫るような映画になった気がします。例えばマット・ディロン演じる人種偏見に満ちた警官のエピソードにしても、彼なりの葛藤ぶりをもっと見たかったな。

クラッシュ@映画生活
閑散としたヤフードーム@WBC壮行試合
    2006年 02月 24日
b0004063_21185440.jpgヤフードームの近くに用があったので、ついでにWBC壮行試合「日本代表VS日本選抜」を観戦してきました。
しかしこんな閑散としたヤフードームというのも初めての経験。安い自由席は比較的埋っているものの、指定席エリアは超ガラガラで、まるで色分けしたみたいでした。売店で並ばなくて済むのはありがたかった。イチローの集客効果もこんなもの?
あ、忘れてたけど、今日お披露目となったフィールド席はさすがに満席でした。そこの半分ぐらいの人が同じ青色のヘルメットを被っていたんですが、あれは無料で借りられるのかな?

しかし日本代表って左打者があまりにも多すぎ。これじゃ、左の好投手に出てこられたら苦戦は免れないんじゃないだろうか?実際、この試合でも打ち込んだのは先発の右投手だけだったし。
by coolkoro | 2006-02-24 21:16 | Others
ジャーヘッド "Jarhead"
    2006年 02月 24日
【ユナイテッドシネマ福岡】
b0004063_2115226.jpg冒頭のナレーションで語られる「いちど戦場に赴けば、無事帰還して日常生活に戻っても、決してライフルの感触を忘れることはない」の言葉が印象的。この映画の場合、主人公は戦争映画でよく描かれるような凄惨な戦闘を経験するわけではないけれど、それでも戦争で失ってしまったものは決して小さくない。ユーモラスな場面も度々挿入される作品ですが、描いているテーマは相当にシリアスで重いものを感じさせられます。

役者では主役のJ.ギレンホールも悪くないけれど、彼の相棒役ピーター・サースガードが今回も渋く光っていました。映画の最後、思わぬ形で再開した戦友たちの中、唯一「ジャーヘッド」のままだった彼の姿は忘れがたい印象を残します。

しかし『地獄の黙示録』が、実際の軍隊で戦意高揚の教材として利用されているなんて驚きです。コッポラは本当に了承してるんだろうか?

ジャーヘッド@映画生活
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 "Walk The Line"
    2006年 02月 19日
【KBCシネマ】
b0004063_2343042.jpgホアキン・フェニックスは、彼自身が幼少時代に兄リバーを亡くしているという実体験を持っているだけに、この役を演じるに当たってはいろいろ思うところがあったでしょう。その兄は周囲の期待を一身に集める存在だったという点も映画と同じ。そういう視点で見ると、今回の彼の演技はさらに感動的に映ります。
パンフによれば、ジョニー・キャッシュ本人がホアキンが自分を演じると聞いたとき、『グラディエーター』でホアキンのファンになっていた彼はたいへん喜んだそうです。『グラディエーター』でのホアキンといえば、父親の愛情を得られずに暴君と化してしまった男の役で、これは今回の映画で描かれたとおり、キャッシュと重なり合います。なんとも不思議な因縁というか、出来すぎた感のある話ですね。

私の場合、ジョニー・キャッシュの存在は知っていたものの、彼の音楽に触れたことは殆ど皆無。(確かU2のアルバムに一曲参加していた記憶あり) 「カントリーの人」という印象しかなかったので、今回の映画で、後年のブルース・スプリングスティーンを思わせるヘヴィでメッセージ色が強い曲を残していたことを知って、ちょっと驚きました。後々のミュージシャンに多大な影響を与えたことも頷けます。演じるホアキンとリーズのステージ・パフォーマンスも見事!どこから見ても生粋のミュージシャンとしか思えず、俳優が演っているという不自然さなど微塵も感じさせません。この辺、あちらの芸能人のポテンシャルの高さをあらためて見せつけられた感じです。

あと印象的だったのは、ジューン・カーターの両親が、親身になってキャッシュの更正に手を差し伸べるところ。実の父親の冷淡さとはまさに対照的です。キャッシュの自暴自棄ぶりを目の前で見せつけられれば、普通は自分の娘に「奴には近づくな!」と言うのが当然だと思いますが。ジューンの父親が発した「お前までが彼を見捨てるのか!」の言葉には泣かされました。

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道@映画生活
週末東横ツアー②
    2006年 02月 05日
b0004063_1154312.jpgツアー2日目の目的は、今年で27回目を数えるヨコハマ映画祭。
全席自由席とあって例年早朝から入場待ちの行列ができると聞いていたので、開場2時間前に会場の関内ホールに駆けつけたんですが、その時すでに建物半周分ぐらいの行列ができていました。この日も寒風が厳しくて、風邪気味の体に2時間待ちは正直堪えます。
ほぼ定刻の10時30分に開場になり、2時間待ってやっと確保できた席は真ん中よりやや後方の辺り。まずまずのポジションですが、ムカついたのは後からやって来る同伴者分の席取りが横行していたこと。こんなの許すくらいなら、ぜひ次回からは全席指定にして欲しいと思います。

映画祭最初のプログラムは新人監督賞受賞の『運命じゃない人』の上映。
福岡での舞台挨拶で内田監督が「この映画は2度目の方が面白い」と仰っていましたが、これは本当でした。
この後休憩の予定だったところ、『パッチギ!』の井筒監督が大阪でのイベント参加のため至急会場を離れなければならないという理由で、急遽、監督賞だけの表彰式が先行して行われました。でもひょっとして、『ALWAYS 三丁目の夕日』を大批判した手前、後で山崎監督(『ALWAYS』のSFXで技術賞を受賞)と同席になるのが嫌だったんじゃないか?なんて思ってしまいましたが、穿った見方でしょうか。

休憩に続いて「最新作PRコーナー」。これは予告編が7~8本ほど上映された後、一部作品の関係者の舞台挨拶が行われるもの。この中で湯布院映画祭で上映された『ルート225』の監督さんと主演の多部未華子さんが壇上に上がったんですが、この作品が大のお気に入りの私には最高のサプライズでした。

続いて待望の授賞式が始まりました。主演賞のオダキリ・ジョーや田中裕子をはじめ、薬師丸ひろ子、岸辺一徳に新人賞の沢尻エリカ、塩谷瞬、堀北真希..と豪華な顔ぶれの受賞者が皆来場しているのに感激。また監督賞や脚本賞のほか、撮影賞や技術賞など技術部門まで評価の対象としている点にもこの映画祭の良心を感じます。

授賞式が終わったのが3時30分頃。映画祭はこの後も『いつか読書する日』と『パッチギ!』の上映へと続くのですが、明日は仕事で今夜のうち福岡へ戻らねばならない私はここで会場を後にしました。
週末東横ツアー①
    2006年 02月 04日
b0004063_22285195.jpg週末を利用して東京、横浜に行ってきました。出張は多かったけど、私用で上京するのは結構久しぶり。
まず初日の目的は「東レ パン・パシフィック・テニス」の観戦です。
会場の東京体育館はJR千駄ヶ谷駅のすぐ真ん前。「おお、ここか!」と思わず感慨にひたりそうになったけど、その前に吹きすさぶ寒風に縮こまってしまいました。福岡も出発する時に雪が降ってましたが、体感では東京の方が更に寒かった。

本日のメインイベントは「M.シャラポワ対M.ヒンギス」のシングルス準決勝。おそらく誰もが期待したであろう夢の対戦が実現したわけです。
テニスのトッププロの試合といえば、福岡でも何度か観戦する機会はありました。でもそれはいずれもエキシビジョン。公式戦、それもティアⅠの大会ともなると、迫力といい雰囲気といい、やはり全く違います。特に今回は夢の対戦だけに観客の盛り上がりも凄かった。
で試合結果の方は..ご承知のようにヒンギスの圧勝。とにかく今日のヒンギスは神がかり的に凄かった。シャラポワの猛攻をやすやすと凌ぎ、次々と華麗にウィナーを決める様に、会場中が何度も歓声とため息に包まれました。それと全豪の準決勝でもそうだったけど、パワーで押し切れない相手には、シャラポワは意外なくらい脆さを見せますよね。

もう1試合の準決勝戦を観戦して、その後のダブルス2試合も見たかったんだけど、ちょっと風邪気味で体調がよくなかったので、早めに切り上げて横浜に移動することにしました。ましてや、明日は早朝から長時間行列に並ばないといけないし..この寒いのに。
by coolkoro | 2006-02-04 22:24 | Others