<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
   
寝ずの番
    2005年 08月 28日
【※湯布院映画祭にて】
b0004063_20451325.jpg俳優・津川雅彦が伯父・マキノ雅裕監督の名を受継ぎマキノ雅彦として初監督。とある落語家一家の師匠の死からはじまり、何故か連鎖する通夜の日々。花咲く思い出話に隠語(?)の応酬、春歌の歌合戦。呆れるほどの可笑しさと面白さ、寝ずの番は終らない。 (以上、湯布院映画祭公式サイトより)

いたってオーソドックスな作りなんですが、一部に非常に過激..というかブッ飛んだ内容を含んだ作品です。なにしろ、この映画のクライマックスは中井貴一と堺正章による春歌の歌合戦なんですから。これが三味線をかき鳴らして、まるでギターバトルばりの大迫力。終いには、中井貴一の妻役の木村佳乃までがこの春歌合戦に加わります。場内はバカ受けでしたが、一部にはちょっと引いてしまった観客もいたんじゃないかな?私みたいに..
また、ちょっと鈴木清純を思わせる映画表現上の遊びが随所に挿入されていて、これも観客に受けていました。これは正直巧かった。

まあ良い意味で、笑って笑ってお終い..という類の映画です。上映後のティーチインでは「暗い北野武の映画なんかよりずっと良かった」と感想を言った客がいたんですが、津川さんは「”武の映画より良い”って僕には最高の褒め言葉だね」と満面の笑みで応えていました。
ルート225
    2005年 08月 28日
【※湯布院映画祭にて】
b0004063_912359.jpgとある町、とある家族の平凡な日常が唐突に一変する。いたってクールな14才の姉とヘタレな弟がある日、「鏡の国」に迷い込んでしまった。さあ、どうする。どうすればいい。姉弟が手にする未来はどこにある。 さて、ルート225の意味するものは? (以上、湯布院映画祭公式サイトより)

この作品は拾い物でした。いわゆるパラレルワールドもので、SF的な設定を取り入れている映画です。でも僕はこの映画、本質的には思春期の子供たちの揺れ動く内面を描いた作品であって、一言で括るのであればSFというより青春映画だという気がしました。
途中まで牧瀬里穂が主演した「ターン」との類似性を強く感じたんですが、映画の終盤はこちらの予想を超えた展開を見せて、思わず引き込まれます。そして最後には、あ!と驚く結末が待っていました。この最後は泣かせます。(本当に近年観た中で、これほど意表を突かれたエンディングは他にありませんでした)

姉弟役の主演2人も、どこにでもいるような等身大の10代を実に自然に演じていて素晴らしかったです。姉役の多部未華子はこの作品以外にも公開予定の主演作が目白押しだそうで、今後要注目の若手女優といえそうですね。
転がれ!たま子
    2005年 08月 25日
【※湯布院映画祭にて】
b0004063_2042282.jpg桜井たま子24歳にとって、世の中は複雑で油断ならないところだ。子供の頃から出かける時には鉄かぶとが手放せない。社会に心を閉ざしているが、近所のお菓子屋の甘食があれば充分幸せだった。しかし、母親の再婚など、たま子の周囲が一変。たま子の平和で甘い日々が崩れてゆく.. (以上、湯布院映画祭公式サイトより)

ストーリーにしてもビジュアル表現にしても「アメリ」を強く連想させる映画でした。で上映後のティーチインで監督さんに『映画作りの中で「アメリ」に触発された部分はあるんですか?』と質問したところ、「他の人に映画の内容について”アメリみたいな作品だよ”と説明したことはあるけど、別に意識して撮影はしてません」といったご回答。まあでも『これはどう見ても「アメリ」だろ!』っていうシーンが随所にあった気はしますが..ちなみに監督の新藤風さん(女性)は新藤兼人氏の孫にあたるそうです。ヒロイン役の山田麻衣子さんとプロデューサーの方も来場していました。
映画の感想ですが、後半部分は映画も転がっていた..(褒め言葉です)とだけ言っておきましょう。なお劇場公開は来年2月予定とのこと。
リンダ リンダ リンダ
    2005年 08月 21日
【シネテリエ天神】
b0004063_22474148.jpg特に劇的な盛り上がりがあるわけでないユル~いストーリー展開。クスクス笑えるポイントも満載なんだけど、それでいて何か叙情的..「ばかの箱舟」、「リアリズムの宿」でみせた山下敦弘監督の独特のタッチは今回も見事に活きていました。
今回は特に登場人物との距離感が絶妙。ドライ過ぎず、ウェット過ぎず。元スマパンのジャームス・イハが担当した音楽も作品と良くフィットしていました。

登場する女の子たちのキャラクターの違いが丁寧に表現されている点も感心しました。主役の4人の娘たちももちろん素晴らしかったけど、彼女たちにも増して、手をケガしてバンドから外れる萠のキャラがすごく気に入ってしまいました。映画を観てから、彼女が歌う「ふ~、ふ~、ふ~らりふらふら風来坊」のメロディがずっと耳について離れません。

リンダ リンダ リンダ@映画生活
チーム・アメリカ☆ワールド・ポリス  "Team America,World Police"
    2005年 08月 14日
【シネリーブル博多駅】
b0004063_2143240.jpgアイデアとしては抜群の映画だと思います。ちょっとエログロの悪趣味が暴走している部分は個人的にいただけませんでした。まあ演じているのが人形ではあるけれど、『サウスパーク』の平面キャラに比べると結構キツいものがありましたね。

ブッシュもキム・ジョンイルも、保守派もリベラルも関係なく、とにかく既成の権威を徹底的にコケにする姿勢は痛快ですが、監督はマット・ストーンでしたっけ?..で、あんた自身の主義主張は何なのよ?とツッコみたくもなりました。いや、そんなのは無粋だと十分解っていますけど..

チーム・アメリカ ワールドポリス@映画生活
西原理恵子サイン会
    2005年 08月 06日
b0004063_2045627.jpgヨドバシカメラ博多店3Fあおい書店で「毎日かあさんIN九州」と銘打って西原理恵子さんのサイン会が開催されました。参加できるのは抽選で選ばれた200名限定。運良く抽選に当たった私は整理番号順に指定された午後4時ちょっと前に会場へ行ってきました。

会場に着いてみると、時間指定しているのに凄い長蛇の列。スタッフの説明によれば「サービス精神旺盛な先生で、1人1人にイラストまで描き入れているので予定より時間がかかっている」とのこと。
意外だったのは参加者の年齢層が高かったこと。半分ぐらいは中高年じゃなかったかな。それと新聞誌上で連載中の「毎日かあさん」の影響だろうけど、小さな子連れの人たちも目だってました。もともと過激な作風?で定評ある作家だという印象があったので、これはちょっと予想外でした。やはり新聞連載の影響は大きくて、ファン層が拡大してるんでしょうか。NHKの連ドラで毎回使われてるイラストも効いてるのかな。

50分ほど待ってようやく自分の順番がまわってきて、「こんにちは」と挨拶したところ、「たいへんお待たせしました」という返事。タメ口で答えられるんじゃないかと思ってたので、思いのほか丁寧な応対にちょっと拍子抜けしました。で、いただいたサインは写真のとおり。この上の部分には私の名前も入れて下さいました
その後、映画サークルの飲み会に参加したんですが、そこで他に何人かいるサイバラファンに見せびらかして大いに羨ましがられました。
by coolkoro | 2005-08-06 20:28 | Others