<   2005年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
   
レイクサイド・マーダーケース
    2005年 01月 24日
Tジョイ久留米

b0004063_9321886.jpgこの映画には「親子の関係」や「お受験」に象徴される現代社会の問題に対する言及が含まれていますが、そうした社会派ドラマとしての描写はどうにも中途半端で説得力が弱いと感じました。柄本明が役所広司に「何がどうだろうと親は自分の子どもを守るものなんだ!」と詰め寄る場面など、本来もっと感情を揺さぶるシーンに仕上がっているはずなんですが..

殺人ミステリーとしての出来は悪くなく、なかなか楽しめました。全編を通して、何とも知れない恐怖・不安感を強烈に印象づけられる作品です。ではこの映画が描く恐怖とは何かというと、それは「未来への恐怖・不安」ではないでしょうか。
お受験の問題は”少しでも確実な将来が欲しい”という大勢の欲求から来ているものだし、薬師丸ひろ子が見る未来のビジョンはどれも不吉なものばかりです。映画の最後で役所と薬師丸は夫婦の絆を取り戻すことになりますが、あの思わずギョっとするラストのショットは、今回の事件が役所たちのこの先の人生に暗い影を落とし続けることを暗示しているのでしょう。

タイトルになっている湖畔のロケが効果をあげています。美しくもどこか不気味に佇んでいる湖の光景は、登場人物たちが感じている恐怖の象徴といえるかもしれません。
青山監督は「ユリイカ」でも、遠くに連なる山々の光景を(津波に見立てて)”不安感”の隠喩として使っていましたね。(冒頭で宮崎あおいが「大津波がやってきて、いつか皆いなくなる」とつぶやきます。実はあの映画の前半部は私の自宅近辺でロケされていて、あの山々も部屋の窓から望むことができます) 自然の実景を物語に取り込んで、雰囲気を盛り上げるのに長けた監督だと見受けました。

レイクサイド マーダーケース@映画生活
ネバーランド  "Finding Neverland"
    2005年 01月 17日
Tジョイ久留米

b0004063_20161350.jpg万人向きの佳作だと思います。
強引に観客を泣かせようという意図がミエミエの作品が最近目につきますが、その点、この映画の抑えた演出で静かに感動を盛り上げようという姿勢は大いに好感が持てます。

しかし、「ピーターパン」初演の際、25人もの子どもたちを観客に交じらせたというのは巧いアイデアですね。当時の演劇界において「ピーターパン」は相当に奇抜な発想の作品だったはずだし、果たして観客に受け入れられるかどうか判断は難しかったでしょう。実際、舞台の幕が開いて着ぐるみの犬が登場した途端、鼻白む表情をみせた観客が何人もいましたし。子どもたちの素直な反応を触媒として、大人の観客たちが「ピーターパン」の世界へ引き込まれていく様子を、映画は実にわかりやすく描いていました。

映画の途中まで、バリの奥さんの描き方が冷淡な気がして少し引っかかったんですが、終盤の「初演には必ず立ち会うことにしてるの」と別れた夫を訪ねるシーンで救われる思いがしました。そして彼女の「私もネバーランドに連れて行ってほしかった」という言葉はずいぶん悲痛に響きます。夢見ること、想像の翼を広げることの大切さをテーマの中心に据える一方で、こうした現実の苦さもきちんと描いている点がこの映画の奥深さを感じさせるところでしょう。

個人的に嬉しい驚きだったのが、劇中劇でピーターパンを演じていたのがケリー・マクドナルドだったこと。彼女、「トレインスポッティング」以来、ずっと気になっている女優の一人なんです。イギリスでは彼女の主演作も何本か撮られているようですが、まったく日本では公開されません。調べたらAMAZON.CO.UKを通してDVDが入手可能なようなので、どうしようか思案中です。
パッチギ!
    2005年 01月 12日
IMSホール(試写)

b0004063_2345623.jpg窪塚洋介の「GO」をうんと泥臭くした感じの映画ですが、コテコテの関西テイストぶりを含めて、この作品の熱さ・パワーには圧倒されました。そして終盤にある怒涛のクライマックスはホント泣かせるシーンに仕上がっています。

高校生たちが主役で、基本的に若い役者が頑張っている映画ですが(上映後に監督とキャスト数名の舞台挨拶がありましたが、2ヶ月の撮影期間はまさに”地獄の合宿”状態だったとか。特に主役の彼は監督だけでなく4~5人いる助監督にも怒鳴られどうしだったそうです)、脇を固めるオダギリ・ジョーや光石研の怪演ぶりも特筆ものです。オダギリもあんな芝居できるんですね。意外であると同時に感心しました。

パッチギ!@映画生活
約三十の嘘
    2005年 01月 12日
KBCシネマ

b0004063_2324112.jpg「アベックモンマリ」「とらばいゆ」の大谷健太郎の新作。今回はオリジナル脚本でないのが少し不安でしたが、あの絶妙な会話劇は今回も堪能することができました。
若手の芸達者なキャストが揃っていますが、中でも田辺誠一のダメ男ぶりはケッサクでした。普段は頭が切れるスマートな役が多い彼なので、今回の役柄はちょっと意外ですが、見事にハマっていたと思います。

ただ、終盤にメンバー間の恋愛感情や友情が強調されて、少々ウェットな展開に流される点には不満を感じました。そうした方が日本人的にはウケが良いのかもしれませんが、こうした犯罪ものの場合、やはりドライに徹した方が少なくとも私の好みではあります。

あと、宣伝では前面に出している「ゴンゾウ」をもっと登場させて欲しかったな。

約三十の嘘@映画生活
全米映画批評家協会賞
    2005年 01月 10日
b0004063_915277.jpg全米映画批評家協会賞が8日発表され、作品賞にクリント・イーストウッド監督の「Million Dollar Baby」が選ばれた。
同作品で主役を演じたヒラリー・スワンクは、「ベラ・ドレイク」のイメルダ・スタウントンとともに主演女優賞を獲得。ジェイミー・フォックスは「レイ」と「コラテラル」の2作品で主演男優賞をさらった。 記事全文(ロイター)

これまでのオスカー・レースは「サイドウェイズ」の圧勝でしたが、「Million Dollar Baby」がやっと風穴をあけた感じです。まだ原題表記のままなので日本公開はだいぶ先のようですが、早く観たいですね。ヒラリー・スワンクもやっと復活ですか..「コア」なんてB級SF作品に出演した時はもう終わったか?と思ったものですが。
しかし、監督賞が「LOVERS」のチャン・イーモウとは..!?
SWファンには垂涎の画像
    2005年 01月 05日
b0004063_21482047.jpg

「スター・ウォーズ」サーガの新旧キャスト&キャラクターがまさに勢揃い!
雑誌「ヴァニティ・フェア」の最新号に掲載されているそうです。
ただ、ジャージャーがセンターポジションというのがちょっと納得いかんけど..
詳しくはstarwars.comをご覧あれ。
マイケル・ムーアの新作をめぐって..
    2005年 01月 05日
アメリカ医療問題をテーマにする新作ドキュメンタリー「Sicko」の準備を進めるマイケル・ムーアに対し、医薬品業界は早くも敏感になっている。ロサンゼルス・タイムズ紙によると、少なくとも有名企業6社が社内通告で、マイケル・ムーアがアポなしで取材にやってきた場合の対処法を指南しているという。 記事全文(eiga.com) 

アメリカの医療制度の問題については、TVドラマの「ER」やいろんな映画(今すぐに思い浮かぶのは「ジョン・Q」、「恋愛小説家」..)でも言及されていますよね。
しかし日本でも医療コスト削減の観点から、問題多いアメリカ型医療システムへシフトしていこうという動きが一部でみられます。特に病院職員である私にとっては興味がつきないテーマなので、映画の完成が今から楽しみです。
SWING GIRLS 東宝のDVDって..
    2005年 01月 02日
b0004063_21291881.jpg『スウィング・ガールズ』のDVD(3月25日発売)、価格は何と!10,290円..だそうです。
もっともこれは「プレミアム・エディション」の話。この他に「スペシャル・エディション」(5,040円)、「スタンダード・エディション」(3,990円)の計3種類がリリースされるんですが、違いといえば特典映像が少ないのが”スペシャル”、特典なしが”スタンダード”ということらしい。

しかし特典が充実してるといっても、単独作品のDVDが1万円超とはあいかわらずの殿様商売ですね。いつも他社よりずっと高値でDVD販売する東宝には、マスコミやユーザーからずいぶん批判が出ているはずなんですが..