カテゴリ:DVD・TV鑑賞( 12 )
   
「マグダレンの祈り」 "The Magdalene Sisters"
    2004年 08月 04日
DVD鑑賞

b0004063_2343584.jpg1996年までアイルランドに実在したカトリック修道院の内実を告発した作品。
全体の印象としては「17歳のカルテ」をより陰惨にした感じだが、ここで少女たちを指導する立場にあるシスターたちの冷酷非道ぶりは尋常でない。少女たちは牢獄の囚人以下の扱いを受け続けながら、これに対する一切の抗弁は許されない。この映画には「17歳..」でのアンジェリーナ・ジョリーが登場する余地はまったく無いのだ。
恐ろしいのは修道院の中だけではない。カトリックの古い倫理に縛られたコミュニティの中で、多くの大人が些細な理由をつけては罪のない少女たちを修道院へ送り込む様は、さながら中世の魔女狩りを思わせる。
悲惨な話としか言いようがないが、(エンディングで語られる)修道院から抜け出した3人のその後の人生にはようやくホッとさせられる。

これまでにも「ザ・コミットメンツ」などアイルランドを舞台にした映画は少なくないが、それらを通して私は「怒りっぽいが純朴で愉快な奴ら」というようなアイルランド人観を何となく持っていた。しかし、この映画を観てそんな印象はだいぶ揺らいでしまった。その意味でもショッキングな作品だ。
「ファム・ファタール」  "Femme Fatale"
    2004年 08月 02日
wowowで鑑賞

b0004063_0384131.jpg劇場公開時には「怪作」だの「失敗作」だのといった悪評を聞いていたこともあって、結局、観逃してしまっていた。短期間の公開のうえ1日の上映回数も少なくて、なかなか都合が合わなかったこともあるが..
しかし実際観てみると、これがなかなか楽しめた。
デ・パルマの流麗なカメラワークは健在だし、何よりヒロイン、レベッカ・ローミン=ステイモスの悪女ぶりは見事にはまっていて魅力的だ。
「X-メン」では奇怪な全身メイクで登場していた彼女を見て、「素顔は凄い美女なんだろうな」と想像したものだが、それを十分確認できただけでも一見の価値はあった。
不評だったエンディングも、僕は悪くないと思う。
確かに「反則だ」、「ただのハッタリ」といった意見もわかるが、それを言ったら「キャリー」も「殺しのドレス」も同じだろう。
ヒロインとパパラッチ(アントニオ・バンデラス)との最後の会話は「天国から来たチャンピオン」のそれを思わせるロマンチックなものだが、こちらは実はこの2人とも相当なクセ者だとわかっているので思わずニヤリとさせられる。