カテゴリ:劇場鑑賞( 140 )
   
リトル・ミス・サンシャイン "Little Miss Sunshine"
    2007年 01月 06日
【シネリーブル博多駅】
アリゾナ州に住むオリーヴはとうてい無謀?なミスコン優勝を夢見る9歳のメガネ少女。彼女の家族は皆それぞれ問題を抱えて崩壊寸前だった。パパのリチャードは独自の成功論を声高に振りかざすが、自分自身は甲斐性ゼロ。家族を嫌って沈黙を続ける長男ドウェーン。ヘロイン常習の祖父は強烈な毒舌家。さらにはそこへゲイで自殺未遂の伯父フランクまで加わる始末。唯一の常識人であるママ、シェリルの孤軍奮闘も虚しく家族はまさにバラバラ状態。
そんなお騒がせ一家のもとに朗報が舞い込む。オリーヴがカリフォルニアで行われる「リトル・ミス・サンシャイン」コンテストへ繰り上げ参加できることが決定したのだ。問題だらけの彼らだが、こうして家族6人ミニバスに乗り込み、一路コンテスト会場を目指ことになった..

ダメ人間たちを暖かな視点で捉えた映画といえば、トッド・ソロンズの一連の作品をはじめ少なくないが、中でもこの映画の印象が爽快なのは、登場人物たちがウジウジと悩むのではなく、非常に行動的だからだろう。
出版の約束を反故にされそうになった親父は、約束の履行を迫るべく?見知らぬ若者に借りたミニバイクでハイウェイをぶっ飛ばすし(実際はテクテク走っているのだが)、最初「こりゃ一番の厄介者だな」と思われた自殺未遂の叔父(実は意外や常識人)が、受付時間に間に合わせるため、「リトル・ミス・サンシャイン」コンテストの会場目指して全力で疾走するシーンには思わず拍手喝采したくなった。

ラストのダンスシーンはちと演出過剰の気もするが(BGMが今では最もダサい音楽=MCハマーなのは笑える)、幼女に厚化粧させるミスコンを「悪趣味なもの」として否定的に描いている点は大いに賛同する。例のジョン・ベネのビデオを最初見たとき驚愕したが、あれがアメリカでは特殊な世界でないことがこの映画で解った。確かに、「幼女ミスコン」の周辺にいる大人たちに比べれば、この映画の主人公であるダメ人間たちの方がずっとマトモだし、魅力的でもある。

「リトル・ミス・サンシャイン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
リトル・ミス・サンシャイン@映画生活
b0004063_15282530.jpg

酒井家のしあわせ
    2007年 01月 06日
【シネサロン・パヴェリア】
三重県の田舎町に住む酒井家は、父・正和、母・照美、兄・次雄、妹・光という家族構成。一見ごく普通の家庭だが、実は照美は再婚で、次雄は前夫の連れ子。次雄と光は父親違いの兄妹というちょっと複雑な関係だ。中2の次雄はそういう家族関係をちょっとウザク感じ始めていたりする。ところがそんなある日、正和が突然家を出て行くと言い出す。なんと、その理由とは..

29歳の初監督作品とは思えない上出来のホームドラマ..なんだが、どこにでもある家族の日常を淡々と描き、途中でちょっとした波乱あり..こういう邦画って最近多くないか? もともと、こういう映画嫌いじゃないんだが、それでも少々食傷気味なのは否めない。
この映画で出色だと思うのは、思春期のカッコ悪さというか、気恥ずかしい雰囲気がよく描けている点。ラストで、次雄が上着のジッパーを引き上げて顔を半分隠しながら見せる表情など絶妙だ。演じる森田直幸は見た目が小生意気そうだが、だんだん好感が持てるようになる。相手役の谷村美月は例の「海賊版撲滅キャンペーン」CMでミソをつけたが(個人的にそう思っている)、この映画見るとやっぱり光るものがあるね。

「酒井家のしあわせ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
酒井家のしあわせ@映画生活
b0004063_14592887.jpg

それでもボクはやってない
    2006年 12月 20日
【明治安田生命ホール】 ※試写会
『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。ある青年が通勤電車の車内で痴漢と間違われ、その後1年にもわたる裁判で自分の無実を訴える姿を通して、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしていく映画だ。

想像した以上に、周防監督の日本の裁判制度に対する憤りが前面に出た作品、というのが第一印象。これまでの『Shall We ダンス?』や『シコふんじゃった』とはかなり趣を異にしている。しかしこの作品でも、私たちが知っているようで実は知らない裁判制度のディテールが手際よく描写されており、この点は学生相撲や社交ダンスなど、やはり一般に知られていない世界を活写してみせた過去の代表作と通じる部分だ。

もちろんシリアス一辺倒ではなく、笑えるシーンも随所に配置されている。また孤立無援だった主人公が支援者たちの支えによって徐々に希望を取り戻していく展開は、この後『Shall We ダンス?』のようなハートウォーミングな結末に向かっていくんだろうな、と思わせる..

予告編で「おかしい日本の裁判」、「不思議な制度」といった文言を聞いたとき、正直ピンとこなかった。日本の裁判制度って比較的まともに機能しているものだというイメージを何となく持っていたからだ。(たぶん大多数の人は同じだろう) この映画を観て、そんなイメージはガラガラと崩壊してしまった。この国の司法、裁判のシステムとはこんなにも歪んだものだったのか。これで法治国家といえるのか?とにかく現行の国民審査など形式的なものではなく、裁判官をきちんと監視、評価できるシステムが必要だと思う。

「それでもボクはやってない」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
それでもボクはやってない@映画生活

b0004063_1415432.jpg

プラダを着た悪魔 "The Devil Wears Prada"
    2006年 12月 14日
【Tジョイ久留米】
ジャーナリストを目指してニューヨークへとやって来たアンディが就いた職業は、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。ファッションなど興味ゼロのアンディだったが、一流ジャーナリストへのステップになればという程度の考えで応募したのだ。しかし彼女のボスである編集長ミランダは、超カリスマ的な存在として誰もが恐れおののく、まさに「プラダを着た悪魔」だった。朝も夜もなく四六時中浴びせられるミランダの理不尽な命令に、たちまちアンディは挫けそうになってしまう..

もともとこういうコメディタッチのサクセスストーリー(ハリウッド映画の十八番)には食指が動かないんだが、この映画はリース・ウィザースプーンの一連の作品ほど能天気ではなく、結構シビアな部分もあってなかなか楽しめた。
やはりメリル・ストリープの悪魔ぶりが一番の見どころか。この手の映画ではありがちだが、途中で「実は良い人でした」などとはならず(そうなりそうな展開はある)、最後まで「悪魔」で貫徹しているところがいい。

しかし、このヒロインのように勤務時間外まであたり前のように業務命令(しかも公私混同)を言い渡されるなんてことが欧米でもあるんだね。これは驚きだった。この映画の原作者は、自身がヴォーグ誌に勤務した経験を基に執筆したそうだから、たぶん現実にあるんだろう。

あと、U2の曲(先日の日本公演で最初に演奏された"City of Blinding Lights")がまさかファッションショーの場面で使われるとは!かっての彼らの硬派なイメージを知る者としてはフクザツ..

「プラダを着た悪魔」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
プラダを着た悪魔@映画生活

b0004063_2371216.jpg

硫黄島からの手紙 "Letters from Iwo Jima"
    2006年 12月 09日
【ユナイテッドシネマ福岡】
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、硫黄島に新たな指揮官、陸軍中将 栗林が降り立った。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、着任早々、無意味な精神論が幅を利かせていた軍内部を合理的に改めようとする。そんな栗林の登場に、硫黄島での過酷な日々に疲弊しきっていた兵士たちは微かな希望を見出すのだった。一方、アメリカの国力を熟知し、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた栗林は、本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げるのだが..

感想といっても、いったい何と言えばいいのか言葉に詰まりそうになる。とにかく「面白かった」とか「感動した」、「考えさせられた」といった月並みな言葉では括れない、心にズッシリと重さが残る映画だった。

決して練りに練ったという作品だとは思わない。特に緻密な構成が見事だった『父親たちの星条旗』と比較すると、シンプルさが際立ってみえる。しかしそのシンプルさ故に、観客(特に私たち日本人)の感情にストレートに訴えかける作品になっているのは確かだ。時間的にもコスト的にも制約が多い中での撮影だったのだろうが、それでもイーストウッドの真摯な姿勢や作品に対する情熱は充分に伝わってくる。私は映画に描かれた「私たちの先人が体験した事実」を目の当りにして、ただ打ちのめされるしかなかった。

「硫黄島からの手紙」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
硫黄島からの手紙@映画生活


b0004063_22333131.jpg

マーダーボール "Murderball"
    2006年 11月 25日
【KBCシネマ】
分厚い装甲にカスタマイズされた車いすで相手に激突し、そしてなぎ倒す..そのあまりに激しい戦いぶりから、「マーダーボール」の異名を持つウィルチェア(車いす)・ラグビー。この映画は、因縁のライバルであるアメリカとカナダの代表チームを中心に、それぞれの障害を克服し、ウィルチェア・ラグビーに情熱を燃やす選手たちの友情と確執を映し出したドキュメンタリーである。

アメリカで「ラグビー」が盛んだとは非常に意外だったのだが、映画で実際のゲームを見ると、このウィルチェア・ラグビー、スロー・フォワードもOKだし、ラグビーというよりアメフトやアイスホッケーに近い感じだ。それはともかく、まるで戦車のように改造した車いすを駆使した肉弾戦の迫力はハンパじゃない。あの車いすだと激突の度に、ちょっとした交通事故ぐらいのダメージを受けるんじゃないだろうか。そう思えるほど凄まじい。
そんな超危険なスポーツを四肢マヒの障害者がやるなんて、日本ではちょっと想像できないが、何と日本代表チームもちゃんと存在していて、映画にも一瞬だが登場する。

この映画のユニークな点は、障害者スポーツのイメージを根底から覆すド迫力の競技シーンもさることながら、障害者たちを健常者と同じ「等身大の人間」として捉えているところだ。当然ながら、障害者の中にも善人もいれば悪人もいるはずで、それは健常者と変わらない。この映画の主人公格であるアメリカ代表チームのマーク・ズパンは、ただでさえコワモテのうえ、手足にはタトゥーを入れており、意図的に相手を威嚇する風貌をしている。なにも恐いのは外見だけでなく、友人から「あいつは障害者になる前からワルだった」と証言される始末だ。

映画の中のプレイヤーたちからは、自分が障害者だという負い目など微塵も感じられないので、彼らは肉体だけでなく、精神力の方も特別に強靭なのだと思えてしまうが、そうではなかった。あのズパンでさえ「障害者になってからの2年間はキツかった」と告白する。映画にはプレイヤーではなく、障害を負って間もない少年も登場する。当然、まだ障害者としての状況に順応できていない。そんな彼がズパンの車イスに乗せてもらって、目を輝かせるシーンは感動的だった。「障害者だからって自分で限界を作っちゃダメだ」とはズパンの言葉だが、この瞬間、少年は自分が作っていた限界を乗り越えられる確信を持ったのだろう。その後、彼はウィルチェア・ラグビー用の車いすを購入するために、貯金を始めたという。

マーダーボール@映画生活
「マーダーボール」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

b0004063_13353239.jpg

上海の伯爵夫人 "The White Countess"
    2006年 11月 25日
【シネリーブル博多駅】
1936年、ロシアから亡命してきた元伯爵夫人ソフィアは、一家の家計を支えるため、上海の外国人租界でホステスとして働いていた。そこへ、爆弾テロにより家族と視力を奪われ、以来酒浸りとなってしまった元外交官ジャクソンが訪れる。ソフィアと互いに心通うものを感じたジャクソンは、彼女を看板に、自らが理想とする夢のバー「白い伯爵夫人」をオープンさせる。偶然知り合った日本人マツダの協力もあり、バーは大繁盛するが、そんなある日、突如として日本軍の上海侵攻が始まり、2人にも戦火が近づいてくるのだった..

『日の名残り』の原作者 カズオ・イシグロのオリジナル脚本だそうだが、暗い過去を引きずる男女というキャラクター設定はやや類型的だし、ストーリーにしても『日の名残り』ほどの奥行きは感じられない。
俳優の気品溢れる演技は素晴らしく、映像も息を呑むほどに美しい。1930年代の上海を再現した美術も見事。難しいことは考えず、映画の雰囲気に浸って楽しむべき映画だと思う。

真田広之の英語での芝居は堂に入っていて、レイフ・ファインズと比べてもまったく遜色なかったのは驚き。彼の役どころは『ラスト・エンペラー』で坂本龍一が演じた甘粕大尉を連想させるが、今回はもっと好意的に描かれている点も日本人には嬉しい。

上海の伯爵夫人@映画生活
「上海の伯爵夫人」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

b0004063_13101176.jpg

麦の穂をゆらす風 "The Wind That Shakes the Barley"
    2006年 11月 19日
【シネテリエ天神】
20世紀初頭のアイルランド、医師を志すデミアンはロンドンへ旅立とうとしていた。しかしその直前、友人の1人が英国から送り込まれた武装警察隊からの尋問中に殺害されてしまう。彼は医師となる道を捨て、兄テディたちと共に義勇軍に参加し、英国からの独立を目指す戦いに身を投じることを決意する。義勇軍の激しいゲリラ戦は各地で英国軍を苦しめ、ついに英国は停戦を申し入れ、戦争は終結する。しかし、締結された講和条約の是非をめぐってアイルランド国内は支持派と反対派に分裂、やがて内戦へと発展してしまう。そしてテディとデミアンの兄弟も..

宣伝で使われている識者のコメントで「どんな大義があろうと、武力行使は絶対にダメだ」といったものがあったが、こんな紋切り型の感想文にはウンザリしてしまう。確かに、こうした「戦争は悲惨」、「戦争反対!」という切り口は解りやすくて、宣伝的には歓迎されるのだろう。ではしかし、イギリス支配下の悲惨な状況の中で、主人公たちに他の選択肢があったのだろうか? ガンジーのように非暴力を貫いていれば、その後のアイルランドの歴史は明るい方向に変わっていたのだろうか?

これは非常に難しい問題だ。劇中で主人公も「多大な犠牲を払ってまで、この戦いにそんな価値はあるのだろうか」と自問している。彼はもともと医師志望であり、そんな自分が戦争とはいえ、人の命を奪うことに対する葛藤もあっただろう。そんな彼だが、母国が蹂躙されるのを目の当りにして、結局は銃を手にするしかなかった。自分の夢を犠牲にしてまでも。

ケン・ローチに「アイルランドの悲劇」を描こうとする意図は、実は無かったのかもしれない。映画のラストで、「その後の歴史」(例えばアイルランドの独立、IRA暫定派の武装解除など)に一切触れられなかったのは、私には象徴的に思えた。この映画で描かれた悲劇は、中東やアフリカなど現在でも存在するものだ。特に私たち日本人にとって、戦争は絶対悪であり、その戦争をしている人間は悪人だと決めつけがちだが、そんな彼らも彼らなりの大義を持っている。その事は理解しておく必要があるのではないだろうか。この映画を観て、そんなことを考えた。

麦の穂をゆらす風@映画生活
「麦の穂をゆらす風」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

b0004063_12131732.jpg

ストロベリーショートケイクス
    2006年 11月 09日
【KBCシネマ】
 大失恋から立ち直り、今はフリーターをやりながら新たな恋を待ちわびる里子。そんな彼女の仕事はデリへル店の電話番だ。最近親しくなった店のナンバー1の秋代は、お金を貯めて5階以上のマンションを購入するつもりでいる。一人で生きていき、そしていつか自殺するために..一方、イラストレーターの仕事に没頭している塔子は、同郷でOLのちひろと仲良くルームシェアしていたが、実は恋愛と占いにしか興味が無い彼女に嫌悪感を抱いていた。

 男である自分には、ここで描かれる女性たちの心情や行動に共感したり、身につまされるということはあまり無かったが、それでも映画はなかなか面白かった。女性たちが皆(フリーターの里子まで)都心の小洒落たマンションに住んでいるとか、ちょっと現実的でない描写も結構あるのだけど、あまり気にならなかった。女性の願望とリアルな現実を巧く折衷して、違和感なくまとめあげている。

 驚いたのは、(後で知ったのだが)塔子を演じた女優(岩瀬塔子)が実はこの作品の原作者だったということ。カメオ出演というのなら珍しくもないが、原作者がこれだけ本格的に芝居をするというのは、かなり珍しいケースじゃないだろうか?映画に登場する女性たちの中で、この塔子絡みのエピソードが一番リアルで生々しかった。妙に長い嘔吐のシーンでは、思わずもらいそうになってしまったくらいだ。

 あと『サンキュー・スモーキング』の後に続けて観たせいで、女性たちの喫煙シーンがやたら多いのには笑ってしまった。

「ストロベリーショートケイクス」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
ストロベリーショートケイクス@映画生活
b0004063_10571650.jpg

サンキュー・スモーキング "Thank You For Smoking"
    2006年 11月 09日
【KBCシネマ】
 タバコ研究アカデミー所属のPRマン ニック・ネイラーは、得意の話術を駆使して、厳しさを増すタバコ業界へのバッシングをかわし続ける業界の有名人。「情報操作の王」を自認する彼の手腕は高く評価されているが、一方で彼を憎む敵も多い。目下の彼の懸案事項は、反タバコ法案を掲げるフィニスター上院議員への対策を講じること。そこでニックは、ハリウッドを利用してタバコのイメージアップを図る戦略を展開しようとするのだが..

 当直明けだったせいで、上映中、特に前半部はついウトウトしてしまい、場内の爆笑でハッと我に返る..ということが何度かあった。普通の体調のときだったら、もっと楽しめる映画だったんだろう。
 普通なら悪役視されるロビイストをヒーローにしてしまうのが、この映画のユニークなところ。ディベートのテクニックが重視されるアメリカ社会には、この主人公のように口八丁で世間を渡っていく男をヒーローとして受け入れる土壌が元々あるのかもしれない。

サンキュー・スモーキング@映画生活
「サンキュー・スモーキング」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_10263050.jpg