カテゴリ:劇場鑑賞( 140 )
   
『夕凪の街・桜の国』&『天然コケッコー』
    2007年 08月 12日
今日は勤務先の病院に研修に来ていた韓国の看護師8名が帰国する日。
見送りのため福岡空港国際線ターミナルまで同行する。
韓国の看護師たちはソウル行きとプサン行きのグループに分かれていて、ソウルへ帰る方はすぐ出発するのだが、プサン行きの便までには未だ5時間もある。
結局、プサン組の3人は私と一緒に、ショッピングやレストランが充実している国内線ターミナルの方へ移動することに。
飛行機の離発着がよく見える眺めの良いレストランでちょっと早めの昼食をとった後、プサン組の3人とも別れて、地下鉄でキャナルシティへ向かう。

キャナルシティ内のユナイテッドシネマは時期が時期だけに、チケット売り場は大混雑。
最初に観る予定の『夕凪の街・桜の国』の上映まであまり間がなくて焦ったが、なんとか予告編の途中でシートにつけた。
映画はこの監督らしく甘い部分も散見するが、それでも結構こたえた。
つい1週間前に韓国人研修員たちを連れて長崎の原爆資料館を訪れていたこともある。
少々コメディタッチの部分がある『桜の国』のおかげでずいぶん救われる。
それにしても以前からご贔屓の麻生久美子はやっぱり良いなあ。
その後で同じユナイテッドシネマで上映中の『天然コケッコー』をハシゴする。
この監督独特の空気感は今回も健在で、これがたまらなく好き。
この映画を観ると島根が楽園みたいに思えて、前作で田舎の閉塞感を強調していたのとは対照的だ。

b0004063_10323740.jpg

それでも生きる子供たちへ "All the Invisible Children"
    2007年 07月 01日
【シネテリエ天神】
 
 「戦争」「貧困」「HIV」「差別」「虐待」..世界中の子供たちをめぐる悲惨な現実を綴った7編から成るオムニバス作品。映画で描かれる問題の多くが貧困に起因しているのは確かだが、たとえ経済的に豊かになったとしても、必ずしもそれが子供にとっての幸せに結びつかないのはジョン・ウーによる中国編に描かれたとおりだ。ここにこの問題の難しさがある。
 映画の中での子供たちの輝くような明るさ、逞しさには救われるが、彼らが成長してゆくにつれ、更に困難な状況に直面するであろうことも忘れてはならないと思う。

 あと蛇足だが、イギリス編とイタリア編の登場人物がいずれもヤンキースのグッズを身に着けていたのが不思議だった。どっちの国も野球人気など皆無だと思うが。スパイク・リーのニューヨーク編ではまったく出てこないのに。

「それでも生きる子供たちへ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_1504049.jpg

ボルベール 帰郷 "Volver"
    2007年 07月 01日
【天神東宝】

 この監督らしい「女性賛歌」ともいうべき映画で、男性の目線で描かれた前作『トーク・トゥ・ハー』程は(男である自分は)入り込めなかったが、いろんなタブーを軽々と超越して、直情的で現実的で、そして逞しい女性像を賛美的に謳いあげている様はなかなか痛快。 
 罪深い女たちを、こんなにもあっけらかんと肯定的に描くことができるのは、やはりラテン的な感性によるものだろうか。ラテン的といえば強烈な色彩感覚も印象的。 

 欧米の冠婚葬祭は日本ほど大仰でなく、いたって簡素なものだという印象があったが、この映画を観ると、田舎ではやはり親類や隣近所がやかましくて結構たいへんそうだ。

「ボルベール 帰郷」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_1344363.jpg

キサラギ
    2007年 06月 22日
【シネリーブル博多駅】

ある自殺したアイドルの1周忌として、ファンサイトのオフ会に集まった男たち..という現代的な意匠で味付けされているが、登場人物たちの独白により二転三転するストーリー展開は、室内劇としてはオーソドックスなものだと思う。世評どおり確かによくできていて、大いに笑わせてもらった。結末もそれほど意表をついたものではなく、別に感動はしなかったが、落としどころとしては悪くない。

映画の最後で「如月ミキ」の姿をはっきりと見せたのは、意見が分かれるところだろう。「遅れてきた清純派」だとか、「彼女の最大の魅力は目」とかの台詞から、「どんなに魅力的な女の子だろう」と客に想像させておいて、その落差で笑わせようという意図はわかる。しかし..あれはやっぱり無かった方が良かったかな。

「キサラギ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_1443028.jpg

しゃべれども しゃべれども
    2007年 06月 22日
【ユナイテッドシネマ キャナルシティ13】

しゃべれども、しゃべれども、なかなか客に噺を聞いてもらえない若手落語家を主人公に、彼のもとに集まった同じく「話し方」に悩む者たちとの交流を通して、人間としても噺家としても成長を遂げていく姿を描いた作品。不器用な人間たちが互いにぶつかり合い、もたつきながらも成長していく..というオーソドックスな筋書きながら、手堅い演出や役者の好演が光るハートウォーミングな作品に仕上がっている。落語界が舞台..というと、それだけで観客を選ぶ映画という気がするが、登場するのがみな現代的なキャラクターだということもあり、作品全体の印象はなかなか新鮮だ。

役者では、1ヶ月のトレーニングでここまでの話芸をマスターした国分太一もさすがだが、無愛想で口下手な美女に扮した香里奈が一番の印象だった。喜怒哀楽をあまり表情に出せない(というか、見た目は常に怒の状態)役柄ながら、シーンに応じて微妙な感情の違いを見事に表現している。反対に世間では絶賛を集めている子役の方はどうも..ああいう芸達者な子役の芝居は苦手だ。あと驚いたのが、国分が密かに憧れる女性に扮した占部房子。名前に憶えがあると思ったら、例のイラクでの邦人人質事件をモデルにした『バッシング』でヒロイン役を演っていた人だ。あれだけ、とことん暗いヒロインというのも珍しかったが、今作ではとても同一人物とは思えない。

「しゃべれども しゃべれども」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_262262.jpg

サイドカーに犬
    2007年 06月 20日
【NTT夢天神ホール】 ※試写会

根岸吉太郎監督の前作『雪に願うこと』を世評ほど良いと思わなかった私だったが、この『サイドカーに犬』は予告編でなぜか心引かれるものを感じて、いそいそと試写会に出かけた。
上映前の舞台挨拶では、根岸監督と主演の竹内結子、それに主題曲を唄っているYUIの3人が登壇。YUIはかってこの天神で路上ライブを演っていたそうだが、壇上の彼女は、自分に話が向けられているとき以外、直立不動の姿勢でじっとしているのが可笑しかった。根岸監督は彼女の生真面目そうな風情から、「映画に登場する小学生だった薫の10年後の姿」を連想したそうだ。なるほど、よくわかる。
一方の竹内結子はといえば、映画で演じたヨーコばりのユニークなトークが楽しかった。意外に今回の役は、これまででいちばん素の彼女に近いのかもしれない。

映画は、ある内気な少女、薫が自由奔放で型破りな女性と出逢い、共に過ごした夏休みの出来事を描いた作品。爽やかな印象が際立つ佳作だ。
薫は自分とは対照的なヨーコにたちまち魅了される。もしこれがハリウッド映画であれば、薫はヨーコに感化され、たちまち外交的な性格に変身したりするのだろうが、もちろん、この映画ではそうならない。20年後の現在、30歳のOLになった薫はやっぱり地味な性格のままだ。ずいぶん久しぶりに会う弟からも「ガキの頃からぜんぜん変わってないな」とからかわれる。
しかし映画の最後で、薫がヨーコから影響を受けていたものが1つだけあることが明かされる。この幕切れは鮮やかだった。「1つだけ」と言ったが、薫が独りで釣堀で佇んでいるあたりの風情も、ヨーコからの影響を何となく感じさせる。
決してその出逢いで人生が変わったわけではないが、その鮮烈な印象の痕跡はいつまでも残り続ける..これだけ説得力を感じる映画は久しぶりかも。

「サイドカーに犬」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_2313239.jpg

あるスキャンダルの覚え書き "NOTES ON A SCANDAL"
    2007年 06月 10日
【KBCシネマ】

主演2人の名前で(タイトルに「スキャンダル」の文字はあっても)、高尚なイメージを持って観てみたが、何とも下世話な映画だった。
ジュディ・デンチが演じるモンスター老女の迫力も凄いが、一方のケイト・ブランシェットの方も、一見クレバーそうに見えて、実は幼稚な部分も隠せず、他人につけこまれる隙が多い女性を実に自然に演じていて、これも見事。

日常の人間関係で、感情のすれ違いや、相手が自分の期待に応えてくれない時に感じる失望感、苛立ちは誰もが経験することだろう。ジュディ・デンチの老女は異常で、彼女が同僚教師に向ける憎悪は理不尽としか言いようが無いが、彼女にも同情できる部分を見出す人は少なくないと思う。その意味で、彼女を終始異常者として描くのではなく、もともと普通の人間だったのに、屈折した感情の蓄積で、徐々に人格が壊れていく過程を見せた方が、映画はより普遍性を持ったのではないだろうか。

「あるスキャンダルの覚え書き」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_21364510.jpg

パッチギ! LOVE&PEACE
    2007年 05月 21日
【Tジョイ久留米】

観るべきかどうか、ちょっと躊躇した映画だった。
前作『パッチギ!』にも「在日朝鮮人」の問題が背景として登場するが、基本的には日本人高校生の視点から描かれた青春映画だった、というのが私の理解。しかし続編の主役は在日朝鮮人の家族に置き換えられているらしい。そうなると気になるのが、日ごろの井筒監督の(拉致問題を「日本側の捏造」と言い切るほどの)朝鮮問題に関する偏向した言動の数々..もしかして、観ていて唖然とする反日映画に仕上がっているのではないか?

実際に観てみた。巷の評判は決してよろしくないようだが、私はそう悪くない作品だと思う。実は映画の前に邦画ばかり5~6本の予告編が上映された。これが、どれもこれも観るに耐えない作品ばかり。予告編だけで「酷い」と断ずるのが邪道なのは承知だが、とても作り手が惚れ込んだ企画とは思えないし、世に伝えたいメッセージが込められているとも思えない代物だ。たぶん「今時の客にはこんなのが受けるんだろう」程度のアイデアで作っているんじゃないか。これらと比べれば、良くも悪くも作り手の主義主張がはっきりと伝わってくる今作の方が好ましい、と私は感じるのだ。

もちろん納得できない点も多々ある。
その最たるものは、日本軍による朝鮮人強制連行の場面が「事実」として映像化されていること。映像の力とは恐ろしいもので、「在日は強制連行された朝鮮人の末裔」などとは信じていない私にさえ、このシーンは説得力を感じさせるものがあった。
ストーリーにも無理がある。例えば、新進女優となったヒロイン(中村ゆり)の舞台挨拶シーンでの行動がそうだ。それほどまで感情的に受け入れ難い映画であったのなら、なぜ彼女は嬉々としてオーディションを受けに行ったのか。そして「あんな手段」を弄してまで役を手に入れたのか? 
クライマックスでの(お約束?の)大乱闘シーンも余計だった。好評だった前作とはあまりに毛色が変わってしまったことを危惧して、帳尻あわせに挿入したとしか思えないのだが。

「パッチギ! LOVE&PEACE」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

b0004063_1630532.jpg

檸檬のころ
    2007年 05月 14日
【KBCシネマ】

ポスターでは5人のメインキャストが並んで写っているが、本編で彼らが一堂に会することはない。基本的には2組のカップル+1名のそれぞれのエピソードが平行して描かれるスタイルの映画。個々のエピソードが点描という感じで、一つのな物語へ収斂していかないのが残念だった。
その「+1名」の石田法嗣を思わせぶりに登場させておいて、途中からバッタリと出番が無くなったのは何なんだろう。『カナリア』以来の谷村美月との共演に期待していたんだけどな。

いちばん合点がいかなかったのが、演技経験が浅い榮倉奈々絡みの、しかも一番ありきたりで退屈なエピソードをメインストーリーに据えていることだ。音楽ライター志望の孤高な女子高生を演じる谷村美月のエピソードを中心にした方がよっぽどユニークな作品になったと思うが、それだと作者が意図した「普遍的な青春像」とイメージがズレてしまうという判断だったのだろうか。印象に残るシーンも多々ありながら、全体としては「古臭い青春映画」という感じが拭えない。

しかし最近の青春映画は北関東を舞台にしたものが多い。やはり東京に近い田舎というのが好都合なんだろうか。
あと最近は受験の合否が電話の自動音声応答サービスで確認できるとは..これにはちょっと驚いた。

「檸檬のころ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

b0004063_9332078.jpg

ラブソングができるまで "Music and Lyrics"
    2007年 05月 05日
【Tジョイ久留米】

GWとはいえ、劇場は想像を絶する鬼混みぶり。なにしろチケットを求める人の行列がシネコンの広いロビーを遥かに超えて、階段をも経て、なんと雨天の外にまで繋がっていたほどだ。

劇場全体ではこんなに賑わっているのに比べ、この映画の客の入りはあまりに寂しかった。はたして全員で10人いたかどうか..しかし映画は楽しかったぞ。同じくドリュー・バリモアがヒロインだし、80年代ポップスがモチーフに使われているラブコメということで、私は『ウェディング・シンガー』を思い出した。

映画の中で流されるヒュー・グラント演じる元ポップスターのビデオクリップが、昔よく見かけた能天気でチープなドラマ仕立てのミュージックビデオを実にそれらしく再現していて笑える。ふだんシニカルな印象のヒュー・グラントがこれを演っているのがよけい可笑しい。

この凝ったビデオクリップだけでなく、忘れられたスターの末路も含めて、アメリカのミュージックシーンの裏側を綿密に描いているのが、この映画のユニークなところ。ただし、ブリトニーを彷彿とさせる現代のポップアイドルの女王様ぶりをはじめ、現実をかなりデフォルメして描いているのは間違いない。これはコメディ映画なんだから当然か。

主演がラブコメの常連、ヒュー・グラントとドリュー・バリモアと聞いたときは、正直、賞味期限切れの企画じゃないか?と思ったが、この映画は音楽というモチーフを活かしたことと、主演2人の個性をうまく反映させた脚本によって、なかなか新鮮味のあるラブストーリーに仕上がっていると思う。劇中、2人が共作する曲もラブソングの王道という感じでなかなか良い。この曲は来年のオスカーの有力候補かも。

「ラブソングができるまで」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_124765.jpg