それでも生きる子供たちへ "All the Invisible Children"
    2007年 07月 01日
【シネテリエ天神】
 
 「戦争」「貧困」「HIV」「差別」「虐待」..世界中の子供たちをめぐる悲惨な現実を綴った7編から成るオムニバス作品。映画で描かれる問題の多くが貧困に起因しているのは確かだが、たとえ経済的に豊かになったとしても、必ずしもそれが子供にとっての幸せに結びつかないのはジョン・ウーによる中国編に描かれたとおりだ。ここにこの問題の難しさがある。
 映画の中での子供たちの輝くような明るさ、逞しさには救われるが、彼らが成長してゆくにつれ、更に困難な状況に直面するであろうことも忘れてはならないと思う。

 あと蛇足だが、イギリス編とイタリア編の登場人物がいずれもヤンキースのグッズを身に着けていたのが不思議だった。どっちの国も野球人気など皆無だと思うが。スパイク・リーのニューヨーク編ではまったく出てこないのに。

「それでも生きる子供たちへ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_1504049.jpg

by coolkoro | 2007-07-01 22:51 | 劇場鑑賞