犯人に告ぐ
    2007年 06月 25日
WOWOW制作の劇場用映画第1弾、『犯人に告ぐ』のプレミア放映を観た。
WOWOWは、これまでに「ドラマW」の枠でなかなか粒ぞろいのオリジナルドラマを制作してきた実績があるので、満を持して世に送り出す劇場用新作には平均以上のクオリティを期待していた。
しかしオンエアを見た感想は、正直言って期待はずれ。
劇場型犯罪を題材にした作品だが、いろんな既存の映画からアイデアを拝借して一本にまとめたような印象で、ストーリーにオリジナリティが感じられないし、何より登場人物たちの造形が類型的で薄っぺらなのだ。これではせっかくの豪華キャストが泣く。例えば、トウがたってきた美人キャスターを演じる片岡礼子も、視聴率欲しさに浅はかな画策を弄するばかりで、演技の見せ場がまったく用意されていない。彼女は数々の女優賞に輝いた『ハッシュ!』以後、まったく役に恵まれていない。本当に残念。

劇場公開前の新作といえば、先日も、NHKのBSハイビジョンで放映された『殯の森』を観た。(カンヌ映画祭で受賞した直後の新作が劇場公開前にオンエアされるとは、どういう事情か知らないが、相当異例なことだ) この作品も、グランプリ受賞というほどの作品とは思えなかったが、撮影はすばらしかったし、痴呆老人と介護ヘルパーだけの2人芝居が延々と続く映画なので、テレビだと辛いが、劇場で観ればだいぶ印象が違うかも?ぐらいのことは感じた。しかし、この『犯人に告ぐ』の場合、ちょっと他人に劇場鑑賞はお勧めできない。