キサラギ
    2007年 06月 22日
【シネリーブル博多駅】

ある自殺したアイドルの1周忌として、ファンサイトのオフ会に集まった男たち..という現代的な意匠で味付けされているが、登場人物たちの独白により二転三転するストーリー展開は、室内劇としてはオーソドックスなものだと思う。世評どおり確かによくできていて、大いに笑わせてもらった。結末もそれほど意表をついたものではなく、別に感動はしなかったが、落としどころとしては悪くない。

映画の最後で「如月ミキ」の姿をはっきりと見せたのは、意見が分かれるところだろう。「遅れてきた清純派」だとか、「彼女の最大の魅力は目」とかの台詞から、「どんなに魅力的な女の子だろう」と客に想像させておいて、その落差で笑わせようという意図はわかる。しかし..あれはやっぱり無かった方が良かったかな。

「キサラギ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_1443028.jpg

by coolkoro | 2007-06-22 22:42 | 劇場鑑賞
<< 犯人に告ぐ