しゃべれども しゃべれども
    2007年 06月 22日
【ユナイテッドシネマ キャナルシティ13】

しゃべれども、しゃべれども、なかなか客に噺を聞いてもらえない若手落語家を主人公に、彼のもとに集まった同じく「話し方」に悩む者たちとの交流を通して、人間としても噺家としても成長を遂げていく姿を描いた作品。不器用な人間たちが互いにぶつかり合い、もたつきながらも成長していく..というオーソドックスな筋書きながら、手堅い演出や役者の好演が光るハートウォーミングな作品に仕上がっている。落語界が舞台..というと、それだけで観客を選ぶ映画という気がするが、登場するのがみな現代的なキャラクターだということもあり、作品全体の印象はなかなか新鮮だ。

役者では、1ヶ月のトレーニングでここまでの話芸をマスターした国分太一もさすがだが、無愛想で口下手な美女に扮した香里奈が一番の印象だった。喜怒哀楽をあまり表情に出せない(というか、見た目は常に怒の状態)役柄ながら、シーンに応じて微妙な感情の違いを見事に表現している。反対に世間では絶賛を集めている子役の方はどうも..ああいう芸達者な子役の芝居は苦手だ。あと驚いたのが、国分が密かに憧れる女性に扮した占部房子。名前に憶えがあると思ったら、例のイラクでの邦人人質事件をモデルにした『バッシング』でヒロイン役を演っていた人だ。あれだけ、とことん暗いヒロインというのも珍しかったが、今作ではとても同一人物とは思えない。

「しゃべれども しゃべれども」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_262262.jpg

by coolkoro | 2007-06-22 22:40 | 劇場鑑賞
<< キサラギ