パッチギ! LOVE&PEACE
    2007年 05月 21日
【Tジョイ久留米】

観るべきかどうか、ちょっと躊躇した映画だった。
前作『パッチギ!』にも「在日朝鮮人」の問題が背景として登場するが、基本的には日本人高校生の視点から描かれた青春映画だった、というのが私の理解。しかし続編の主役は在日朝鮮人の家族に置き換えられているらしい。そうなると気になるのが、日ごろの井筒監督の(拉致問題を「日本側の捏造」と言い切るほどの)朝鮮問題に関する偏向した言動の数々..もしかして、観ていて唖然とする反日映画に仕上がっているのではないか?

実際に観てみた。巷の評判は決してよろしくないようだが、私はそう悪くない作品だと思う。実は映画の前に邦画ばかり5~6本の予告編が上映された。これが、どれもこれも観るに耐えない作品ばかり。予告編だけで「酷い」と断ずるのが邪道なのは承知だが、とても作り手が惚れ込んだ企画とは思えないし、世に伝えたいメッセージが込められているとも思えない代物だ。たぶん「今時の客にはこんなのが受けるんだろう」程度のアイデアで作っているんじゃないか。これらと比べれば、良くも悪くも作り手の主義主張がはっきりと伝わってくる今作の方が好ましい、と私は感じるのだ。

もちろん納得できない点も多々ある。
その最たるものは、日本軍による朝鮮人強制連行の場面が「事実」として映像化されていること。映像の力とは恐ろしいもので、「在日は強制連行された朝鮮人の末裔」などとは信じていない私にさえ、このシーンは説得力を感じさせるものがあった。
ストーリーにも無理がある。例えば、新進女優となったヒロイン(中村ゆり)の舞台挨拶シーンでの行動がそうだ。それほどまで感情的に受け入れ難い映画であったのなら、なぜ彼女は嬉々としてオーディションを受けに行ったのか。そして「あんな手段」を弄してまで役を手に入れたのか? 
クライマックスでの(お約束?の)大乱闘シーンも余計だった。好評だった前作とはあまりに毛色が変わってしまったことを危惧して、帳尻あわせに挿入したとしか思えないのだが。

「パッチギ! LOVE&PEACE」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

b0004063_1630532.jpg

by coolkoro | 2007-05-21 22:11 | 劇場鑑賞