ブラッド・ダイヤモンド "Blood Diamond"
    2007年 04月 14日
【Tジョイ久留米】
この日、午前中はどしゃぶりの雨だったのがお昼近くには晴天に変わり、午後になると「これは台風か!」としか思えない強風が吹き荒れるという、なんともメリハリが効きすぎた天気だった。
映画館のロビーでは、地元久留米で撮影され、近々先行公開される映画『卒業写真』の予告編と同名の主題歌がエンドレスで流されていた。

『ブラッド・ダイヤモンド』はエンタテイメントと骨太のメッセージが絶妙に融合された傑作。今年ここまで観たアメリカ映画では文句なしのベストだ。
ディカプリオも渋い役が似合う役者に成長したんだなと実感。ほんの数年前の『アビエイター』では、かなり無理してるなという印象が強かったものだが。
この映画のモチーフとなっている「紛争ダイヤモンド」は確かに象徴的だが、ダイヤモンドに限らず、先進国における贅沢な生活とは基本的に第三世界の犠牲のうえに成り立っているのかもしれない。

「ブラッド・ダイヤモンド」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
b0004063_20372294.jpg

by coolkoro | 2007-04-14 19:47 | 劇場鑑賞