それでもボクはやってない
    2006年 12月 20日
【明治安田生命ホール】 ※試写会
『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。ある青年が通勤電車の車内で痴漢と間違われ、その後1年にもわたる裁判で自分の無実を訴える姿を通して、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしていく映画だ。

想像した以上に、周防監督の日本の裁判制度に対する憤りが前面に出た作品、というのが第一印象。これまでの『Shall We ダンス?』や『シコふんじゃった』とはかなり趣を異にしている。しかしこの作品でも、私たちが知っているようで実は知らない裁判制度のディテールが手際よく描写されており、この点は学生相撲や社交ダンスなど、やはり一般に知られていない世界を活写してみせた過去の代表作と通じる部分だ。

もちろんシリアス一辺倒ではなく、笑えるシーンも随所に配置されている。また孤立無援だった主人公が支援者たちの支えによって徐々に希望を取り戻していく展開は、この後『Shall We ダンス?』のようなハートウォーミングな結末に向かっていくんだろうな、と思わせる..

予告編で「おかしい日本の裁判」、「不思議な制度」といった文言を聞いたとき、正直ピンとこなかった。日本の裁判制度って比較的まともに機能しているものだというイメージを何となく持っていたからだ。(たぶん大多数の人は同じだろう) この映画を観て、そんなイメージはガラガラと崩壊してしまった。この国の司法、裁判のシステムとはこんなにも歪んだものだったのか。これで法治国家といえるのか?とにかく現行の国民審査など形式的なものではなく、裁判官をきちんと監視、評価できるシステムが必要だと思う。

「それでもボクはやってない」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
それでもボクはやってない@映画生活

b0004063_1415432.jpg

by coolkoro | 2006-12-20 23:35 | 劇場鑑賞
<< 酒井家のしあわせ