硫黄島からの手紙 "Letters from Iwo Jima"
    2006年 12月 09日
【ユナイテッドシネマ福岡】
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、硫黄島に新たな指揮官、陸軍中将 栗林が降り立った。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、着任早々、無意味な精神論が幅を利かせていた軍内部を合理的に改めようとする。そんな栗林の登場に、硫黄島での過酷な日々に疲弊しきっていた兵士たちは微かな希望を見出すのだった。一方、アメリカの国力を熟知し、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた栗林は、本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げるのだが..

感想といっても、いったい何と言えばいいのか言葉に詰まりそうになる。とにかく「面白かった」とか「感動した」、「考えさせられた」といった月並みな言葉では括れない、心にズッシリと重さが残る映画だった。

決して練りに練ったという作品だとは思わない。特に緻密な構成が見事だった『父親たちの星条旗』と比較すると、シンプルさが際立ってみえる。しかしそのシンプルさ故に、観客(特に私たち日本人)の感情にストレートに訴えかける作品になっているのは確かだ。時間的にもコスト的にも制約が多い中での撮影だったのだろうが、それでもイーストウッドの真摯な姿勢や作品に対する情熱は充分に伝わってくる。私は映画に描かれた「私たちの先人が体験した事実」を目の当りにして、ただ打ちのめされるしかなかった。

「硫黄島からの手紙」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
硫黄島からの手紙@映画生活


b0004063_22333131.jpg

by coolkoro | 2006-12-09 21:44 | 劇場鑑賞