ユナイテッド93 "United 93"
    2006年 08月 31日
【Tジョイ久留米】
あの9.11同時多発テロの一つ、ユナイテッド航空93便の事件はこれまで幾度となくTVで取り上げられてきたし、つい最近もディスカバリー・チャンネルで綿密に作られたドキュメンタリーを見たばかり。映画を観る前から事件の概要は頭に入っていた。

そんな私にとって、映画のウリである極限状態に置かれた機内の乗客のドラマは、(確かによくできているが)すでに語りつくされており、正直なところ新鮮味は感じられなかった。より印象に残ったのは、事件に対処する側である航空管制官や軍関係者の姿の方だ。
最初にハイジャック発生の一報が入った時は、「ハイジャック?ずいぶん久しぶりだな」と何とも呑気な反応だったのが、しだいに事件の全貌が露になるにしたがって、急激に緊張感が高まり、ついにはパニックへ陥っていく過程が非常にリアルに、かつわかりやすく描かれている。特にCNNの映像が管制室のスクリーンに映し出された瞬間、その場の全員が凍りつく場面は忘れがたい。しかし危機管理のプロたちでさえ、テレビの情報にこうも依存しているとは驚いた。(映画の中で、「CNNによれば..」という台詞は何度も出てくる)

さらに驚きなのは、こうした当事者の役の多くを(実在の)本人自身が演じていることだ。エンドクレジットで"AS HIMSELF"の文字がズラリと並ぶ様は、ある意味壮観だった。日本では、ちょっと考えられないだろう。
中でも一番目立っていたのは、被害拡大を防止するため、全米の空域を封鎖し、飛行中の航空機はすべて即座に着陸させた(凄い決断力!)連邦航空局のベン・スライニーだが、彼の芝居はあまりに堂に入っており、とても素人には見えない。いろんな意味で凄い人だ。

ユナイテッド93@映画生活

b0004063_222345100.jpg

by coolkoro | 2006-08-31 21:16 | 劇場鑑賞
<< やわらかい生活