インサイド・マン "Inside Man"
    2006年 06月 13日
【ソラリアシネマ】
これは面白かった。
実は前売り券を忘れたまま映画館に行くというドジを犯してしまったので、その前売り券は友人に転売しようと思っていたが、映画を観て気が変わった。もう一度観る!映画で描かれる完全犯罪のトリックは相当に巧妙だけど、少々穴もあるように見受けられる。その辺りも再検証したいと思います。

クライブ・オーウェン演じる銀行強盗の正体や動機が明らかにされないという点でマイナス評価をする人が多いようですが、私はこれで正解だと思う。これはクライブのほか、デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスターが演じる3人の切れ者の”出し抜き合い”をとことん楽しむべき映画。彼らの演技アンサンブルによって醸成されたクールなムードに妙な因果話は似合わない。

音楽も素晴らしい。冒頭とエンディングに流れる"Chaiyya Chaiyya"のビートはずっと尾を引いて頭に残ります。ニューヨークが舞台の犯罪アクションものに「ボリウッド映画」のテーマ曲を流用するなんて、凡人には及びもつかないアイデアですが、スパイク・リーの音楽センス、恐るべし..というほかありません。
by coolkoro | 2006-06-13 23:58 | 劇場鑑賞
<< 間宮兄弟