雪に願うこと
    2006年 05月 29日
【シネテリエ天神】
類型的なドラマで新味が感じられず。
ばんえい競馬のシーンはなかなかの見せ場だけど、これを「人生は挫折と再生の繰り返し」という隠喩として描いているのがあからさまな点もちょっと垢抜けない。
しかし『嫌われ松子の一生』でも感じたことだけど、伊勢谷友介の風貌はここ数年ですっかりやさぐれてしまったもんだ。実生活でも苦労しているんだろうか?
by coolkoro | 2006-05-29 22:50 | 劇場鑑賞