インファナル・アフェア 無間序曲
    2004年 10月 10日
ユナイテッドシネマ福岡

b0004063_22385974.jpg正直、シリーズ前作は周囲の人が薦めるほど面白いと思わなかった。そんな私だが今作は楽しめた。
まず脚本がうまく、キャラクターもよく作りこまれている。特に今回、本来は主役である若手2人ではなく、周辺のキャラクターに焦点を当てたのが勝因だろう。特に敵ボスは、前作では「(風貌が)町工場の社長みたいで貫禄ないな」と思ったものだが、今作を観ると(反対に)役柄に説得力を感じてしまった。
単に前史を描くのではなく、香港の中国返還を中心に、90年代の時代変遷を巧みにストーリーに織り込んでいる点も高ポイント。
とにかく、これでシリーズの世界観が大幅に広がりも深みも増したのは確か。映画を観た人の大半は同感だと思うが、早く第一作を見直したいと思う。時間軸では前作の方が続編にあたるわけだからね。都合良いことに、今月WOWOWで放映されるみたいだ。

あと、随所に「ゴッドファーザー」へのオマージュが感じられるのも面白い。あまりやり過ぎると嫌味だが、これくらいなら効果的だろう。

インファナル・アフェア 無間序曲@映画生活
by coolkoro | 2004-10-10 22:38 | 劇場鑑賞