日本沈没 (プレミア試写会)
    2006年 05月 29日
【電気ホール】
b0004063_14202644.jpg上映に先立って、武道館での舞台挨拶の模様が同時中継されたんですが、キャスト陣から陳腐極まりないコメントが続出して(特に「沈没ベイベー!」には殺意さえ感じた) 、上映前から作品への期待感はすっかり萎んでしまいました。

で、ここからが作品の話。
まあ、原作や旧映画化版とはまるで別物といっていいでしょう。
原作からは、ごく基本的な設定と登場人物の名称だけ借用したといった感じ。
この点を割り切って観れば、結構楽しめる作品に仕上がっていると思います。
少なくとも私には、同じ監督の前作『ローレライ』よりはずっと面白かった。
VSXはかなり頑張っていて、「日本映画の技術もここまで到達したか!」と思わずにはいられないだけの迫力がありますしね。

今回の映画は「いのちより大切な人がいる」というコピーに象徴されるように、ラブロマンス色を前面に押し出していて、旧作のような重厚さを期待するとガッカリさせられること請け合いなんですが、一方で旧作に出てきた印象的な台詞のいくつかを巧みに流用するなど、さりげなく旧作ファンへの目配りも忘れていません。また旧作のキャストでは丹波哲郎氏が唯一カメオ出演を果たしていますが、どんな登場の仕方をするのかは観てのお楽しみ。(ちょっと笑ってしまうかも)

※写真は会場で配布された毎日新聞の「広告号外」
by coolkoro | 2006-05-29 22:59 | 劇場鑑賞