クラッシュ "Crash"
    2006年 02月 26日
【KBCシネマ】
b0004063_21212148.jpgLAを舞台にさまざまな異なった人種、階層の人々が登場する群像劇です。しかし、同時並行で語られる幾つものエピソードが終盤で交錯するという構成に新味ないし、全体として予定調和的に終わってしまった感じです。
最後に用意されたある「演出」にしても、同じ群像劇である『ショートカッツ』や『マグノリア』の二番煎じの感が拭えないし..

私の感じ方ですが、群像劇のスタイルに拘らず、もっと登場人物もエピソードも絞りこみ、より掘り下げて描きこむべきだったんじゃないでしょうか。その方がもっと胸に迫るような映画になった気がします。例えばマット・ディロン演じる人種偏見に満ちた警官のエピソードにしても、彼なりの葛藤ぶりをもっと見たかったな。

クラッシュ@映画生活
by coolkoro | 2006-02-26 21:19 | 劇場鑑賞