フライトプラン "Flightplan"
    2006年 01月 30日
【T-ジョイ久留米】
b0004063_20502383.jpg平日のそれも初回上映の割りによく客が入ってて驚きました。一瞬、「え!今日ってレディスデーだったっけ?」と思ったくらい。
これって、やっぱり予告編の効果なんだろうか?マスコミで「あの予告編はよくできている」みたいなコメントを何度か目にしていたし。

で本編の話です。まあ、ケチをつけようと思えばいくつでもつけられる。そんな映画ではあります。まず第一に設定に無理がありすぎ。この犯罪計画って、ヒロインの娘が乗員乗客のたった1人でも目撃されていたら、それだけでアウト!なんですよね。この点をフォローするように、「誰も他人のことなんか気にしない」という台詞が出てはきますが..
それに思わせぶりな冒頭シーンは何だったのか?重要な伏線だと思ってたのに。

それでも私は結構楽しめました。なにしろ主演がオスカー2度受賞のジョディ・フォスターなので、映画につい過大な期待をしてしまいがちですが、所詮B級のアクション大作だと割り切って、細かい点は目をつぶってしまえば、アクションやサスペンスの演出は平均的水準を満たしてるし、SFXの出来も悪くないし、決して退屈しない作品に仕上がっていると思います。もちろんジョディの演技力は今回も超A級。幼い娘を見失って狼狽する母親の感情表現は、ただただ見事でした。

フライトプラン@映画生活
by coolkoro | 2006-01-30 20:33 | 劇場鑑賞
<< 週末東横ツアー①