ティム・バートンのコープス ブライド "Corpse Bride"
    2005年 10月 27日
【T-ジョイ久留米】
b0004063_18344100.jpgティム・バートンの過去の作品、特に『シザーハンズ』あたりの延長にある映画という印象を受けましたが、遊び心に溢れたストーリーテリングはいつにも増して冴え渡っていて、やっぱり今回も感動しました。
キャラクター造形も見事の一言に尽きます。特にほとんどゾンビ状態のヒロインがチャーミングなこと!
同じアニメでも、本編の前に予告編が上映された『チキン・リトル』の凡庸さと比べると月とスッポンです。(予告編だけで評価を下すのはフェアではないかもしれませんが) ティム・バートンが凄いのか、それとも今のディズニーがダメすぎるのか?

PS.時間の都合で吹替版を観たんですが、ミュージカルシーンまで日本語だったのはガッカリ。そこでネットでサントラ版を試聴してみたところ、やっぱりオリジナルの歌の方が断然良い。こりゃ絶対、字幕版で見直さないと!

ティム・バートンのコープス ブライド@映画生活
by coolkoro | 2005-10-27 22:44 | 劇場鑑賞
<< ALWAYS 三丁目の夕日