がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン "Bad News Bears"
    2005年 10月 20日
【ソラリアシネマ】
b0004063_2233489.jpg上映終了の直前にやっと観れた。しかし、どうして字幕版を上映している劇場がこんなに少ないんだろう?配給側はこの映画を「典型的なファミリー向け」と捉えてるんだろうけど、それにしても「ほぼ吹替版オンリー」とは極端ではないでしょうか。

私の場合、オリジナル版は昔テレビ放映を観たきりで記憶は曖昧なんですが、その後制作されたTVシリーズの方はかなり熱心に見ていたので、インゲルバーグ、タナー、ルーパスといった懐かしいキャラクターが登場するだけで嬉しくなってしまいました。演じる子役たちも旧作と同じようなイメージの子が起用されており、まったく違和感ありません。
ちょっと残念だったのが、クライマックスの試合で苛められっ子のルーパスが魅せる名シーン。オリジナル版で最も印象的だったそのシーンが、今回はちょっと改変されています。あれだけは前のままにして欲しかったなあ..
アマンダ役の少女は実際にリトルリーグで活躍している注目選手だそうですね。さすがに彼女が投げる剛球には本物の迫力を感じました。オリジナル版のテイタム・オニールと比較する人が多いようですが、私は悪くないと思いました。

全体としては、オリジナル版を継承した部分と新たに加えたエッセンスとのバランスがどうもイマイチかな..という印象を受けました。ラストシーンの弾け方は『スクール・オブ・ロック』の監督らしくて良かったと思いますが。

がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン@映画生活
by coolkoro | 2005-10-20 22:22 | 劇場鑑賞