電車男 & オペレッタ狸御殿
    2005年 06月 07日
【Tジョイ久留米】
b0004063_20414188.jpgこの映画、つい先日製作発表していたばっかりですが、もう公開。さすがに「超特急で映画化」だけあって、練りの浅さは否めないものの、まずまず楽しめる出来にはなっていました。
気になったのは”電車男”こと山田孝之のオーバーアクトぶり。これは演出の問題かもしれませんが、彼が演じるオタク青年は世間一般が持っているイメージをそのまま具現化したもので、たぶん現実にはこんな人はいないんじゃないか?と私は思います。とにかく終始あまりにもオドオドした彼の物言いにはヘキヘキしてしまいました。
相手役の中谷美紀には「この役には老けすぎ」の声が多いようですが、このお話が成立するためには、あれくらいの年齢差が必要だったと思います。彼女は品の良いお嬢様役が板についているし、オタク青年を暖かく見守るだけの包容力も感じられて正に適役でした。
でもこの映画を観てると、”2ちゃんねる”の住人たち(通称”ねら~”)はまるで善人ぞろいに思えますね。映画で初めて2ちゃんねる存在を知った人がアクセスしてみたら、きっとあまりのギャップにショックを受けることでしょう(笑)

続けて観た「狸御殿」は開始50分の時点で頓挫。途中で映画館を出てしまいました。
自分を決してシャレがわからない人間だと思いませんが、この映画ばかりはどうにも理解不能です。

電車男@映画生活
by coolkoro | 2005-06-07 20:38 | 劇場鑑賞