アビエイター "The Aviator"
    2005年 03月 29日
【T-Joy久留米】
b0004063_22254619.jpgラスト近くでの回想シーンで、幼少のハワードはこう呟きます。「大きくなったら大作映画を撮るんだ」、「誰よりも早く飛ぶんだ」、「世界一の大金持ちになるんだ」..
子供時代の夢を一つでも実現できる人間なんて、ごく稀にしか存在しないでしょう。しかしハワード・ヒューズは、父親から受け継いだ莫大な遺産にモノを言わせて、若くして子供時代の数々の夢を実現してしまった人物です。もっともハワードは成金のボンクラ息子などではなく、人並みはずれた才覚と野心を併せ持っているわけですが。(公聴会の席上で、彼を告発した上院議員を逆に追い詰めるシーンは痛快) 言ってみれば、彼はその財力と才能をもって、全ての夢を叶えてしまった稀有な男です。しかし、それって果たして幸福な人生だといえるのでしょうか?映画は最後に追うべき夢を失ってしまった男の虚無的な表情を捉えて終わります。彼に比べれば、一つの儚い夢を追い求める小市民的な人生の方がよほど幸せなのかもしれません。

アビエイター@映画生活
by coolkoro | 2005-03-29 21:48 | 劇場鑑賞
<< トニー滝谷