ボーン・スプレマシー "The Bourne Supremacy"
    2005年 02月 15日
【T-Joy久留米】

b0004063_21421120.jpg予告編でネタばれされているように、映画の冒頭でボーンは恋人マリーを殺害されてしまい、そしてこの事件をきっかけに、彼は2年間の雌伏を経てCIAへ反撃を開始することになります。
当然、彼の目的はマリーの復讐...と観客であるこちらは考えるわけですが、実はこれは脚本の巧みなミスリード。映画の後半でボーンの真の目的が次第に明らかになってゆきます。

そもそも、なぜ凄腕スパイであるボーンがミッション遂行を失敗し記憶喪失に陥ったかというと、実は暗殺標的のそばに幼い子どもがいたために殺害を躊躇してしまい、その隙に反撃を喰らってしまった..らしいということが前作で明らかにされていました。が、この設定にはどうも納得がいかなかった。常人ならともかく、“米国政府が3000万ドルかけて育成した人間兵器”がそんな人間的な感情に流されてしまうものなのか?第一、標的の傍に家族がいるかもしれないことなど最初から予測範囲だったろうに.. しかし今回、ボーンの真の目的が明らかにされる過程で、この前作から引きずっていた疑問にも映画は説得力ある回答を示してくれました。
今回のPART2のストーリーは原作を離れて、ほとんどオリジナルに近いらしいですが、この作劇の巧みさには心を奪われました。

ラストでニューヨークの雑踏を颯爽と歩き去ってゆくボーン。その直前の「懺悔」のシーンでモスクワの雪道を悲壮感たっぷりにトボトボと歩いていたのと対照的ですが、明らかに演出上の計算なのでしょう。そして前作に続いてエンドクレジットに流れるMODYの"Extreme Ways"が何とも最高!曲を変えないでくれて、個人的に本当に嬉しかった。
この結末を見るかぎり、次回はストーリー展開にも新機軸が期待できそうで、こうなるとPART3の公開が待ちきれませんね。願わくば、ぜひ次回はアメリカと同時公開して欲しいもの。今回のような、日本公開より先に韓国でDVDリリース(しかも日本語字幕・音声が選択可)などという愚は繰り返さないように。
<< ローレライ