Mr.インクレディブル  "The Incredible"
    2004年 12月 26日
T・ジョイ久留米

b0004063_1241081.jpg最近のピクサー作品は好みじゃなかったので、もともと観るつもりはなかったんですが、職場の近くにオープンしたシネコンのDLPシアターで上映していたので、デジタル上映への興味で観ることにしました。

DLPはさすがに凄かった! とにかくクリアで立体感がある画面は、通常のフィルム上映を完全に超えていました。「SW エピソードⅡ」で先にDLPを体験していた知人からは、「あまり質感が表現できていない」と聞いていましたが、今回のようなCGアニメはDLPと相性が良いのかもしれません。次回はぜひ実写作品で観比べてみようと思います。

で映画の方ですが、これが予想外に面白かった。
前作「フィンディング・ニモ」や「モンスターズ・インク」は何か説教くさいのが嫌でしたが、「Mr.インクレディブル」は純粋なエンタテイメントとして楽しめました。今回も「家族愛」というテーマは一応あるんですが、予想したほど強調されていない。個人的にはそこが良かったです。
私の場合、今までアニメの女性キャラに魅力を感じたことは皆無でしたが、この映画のインクレディブル夫人=イラスティガールはなかなかイケてますよね。でも日本語吹替えの黒木瞳にずいぶん容姿が似ているのは狙ってのことでしょうか?

Mr.インクレディブル@映画生活
by coolkoro | 2004-12-26 11:38 | 劇場鑑賞
<< SWING GIRLS 東宝...