「華氏911」  "Fahrenheit 911"
    2004年 08月 23日
AMCキャナルシティ13

b0004063_20122274.jpgM.ムーアによるブッシュ糾弾のための2時間に及ぶプレゼンテーションを見せられたというのが率直な印象で、あまり映画を観たという気がしない。その意義は認めるが、映画作品としての完成度は「ボウリング・フォー・コロンバイン」の方がずっと上だろう。
前作も「アメリカ銃社会の真実は?」というシビアで重いテーマを扱ったものだったが、決してシリアス一辺倒でなく、随所に笑いの部分を交えた緩急が絶妙だった。今回はこの緩急がほとんど無い。
またニュース映像が主体でM.ムーア自身による取材部分が少ないのも残念。まあ描く対象が大統領では仕方ないか。
by coolkoro | 2004-08-23 17:48 | 劇場鑑賞
<< 「誰も知らない」